愛子 のすべての投稿

言葉の中

もうすぐふいみんが来る。
「あの話の続き」ができる。

 

ふいみんは20年近く、
製茶中に来て・製茶中に山を去る、あるいは、
まだ始まっていない・始まらないけど去る、とか。
まだ一度も、シーズン全ての新茶が出揃って
それを現場で飲んだことが無かった。
昨秋まで。

23秋初めて、
製茶中に来て・山にいる間に製茶が終了し、
できたてのシーズン全ての新茶を
この山の家で一緒に飲むことができた!!!
万歳ーーー☆

 

その時、
8シーズンぶりに製茶した新茶の
全種の確認評茶をふたりで完了した時、
製茶してきた過去約20年で感じたことのない
初めての感覚が来て、
それが自然に言葉となって出て、
目の前のふいみんに伝えていた。
『ほえ???』と言われた。(笑笑)

あの瞬間、
あの時感じた、
ふいみんへだからこそすっと心から出ていた「言葉」、
あの時の心の感覚が忘れられない。

その「言葉」が自分の中から出たあの時、
自分の過去たちが大集結して
大きな大きな扉が開いたんだ。

私、こう言っていた。

 

「もしかしたら。。。わたし

【鉄観音】作れるのかもしれない」

 

ふいみん『???』のまま止まっている。
もう一度言ってみて、自分でも聞いてみた。
笑ってしまった。
『いつも作っていますよ?』
いや、そういう意味じゃないんだな。。。
確かに「辞書的な言葉通り」なら『???』だね(笑笑)
でもそういうことではないんだ。
でも「愛子的にはその言葉通り」なんだ。
その時感じた心の感覚を表現するのに一番近い言葉。
今でもそれは的確な表現だったと感じる。
その言葉だけであの瞬間のあの心の感覚が私には分かる。
なのだが。。。
その言葉の意味は「愛子」以外の辞書には載っていない。

説明が必要だった。
その「言葉の中」を、
そこに広がっている「心の景色」を、
20数年製茶して初めて感じたその「心の感覚」を。

ふいみんはすぐに察した。
今回はどんな意味なのだろう、と楽しそうに待っている。
数時間、一生懸命説明した。
言葉を換え、違う表現で。
帰国後もネット会議で続けた。
けれど、
まだ「あの時のあの心の感覚」を表現しきれていない、
そう感じている。

感覚の表現は難しい。
違う人間だから、どんな表現でも完全には不可能だ。
でもそれを知ろうとしてくれる人が目の前にいる、
そういう人と人生で出会えた。
それを表現しようと努力することが
私にはとても大切、
そこからたくさんの扉が開いていく。

 

あの話の続きが、今回の山でできるっ☆
お茶を介するのが一番だ、
しかもこの場所で。
表現&理解どちらも早い、深い。。。心が近づく。

 

そういうことか!!
お茶が心を近づけてくれるんだっ☆

 

先日の品茶会(「魂組」の研究会・新茶会)でも
23秋を飲んだ時、やはり感じたんだ。
もちろん話した、でも表現しきれていない。
どれだけ言葉を尽くしても、表現しきることはできない。
だから会話を重ねる、同じお茶を一緒に感じながら。
参加メンバーは理解しようと心を寄せて下さる、
私も一生懸命表現しようと心を尽くす、
お互いに理解し合おうと真剣に向き合い、
きちんと心を交わし続ける。
そういう方々との出会いがあって私は
目の前の素晴らしいお茶たちと出会えている。
心の繋がりがいつも新しい「何か」を生み出している、
そう感じている。

 

 

あの時、
「あの言葉」の先に、もうひとつ言葉が出た。
大きな扉が開いた先に、もうひとつ感覚が来たんだ。

 

「もしかしたら。。。わたし

【茶師】だったのかもしれない」

 

『はひ???』

ふいみん、「この中」を説明するのはかなり難易度高いや。
ただ、前世とかそういう話ではなく
現実的で具体性のある内容だと分かってくれているから話は早いよ。
一生懸命表現するから、気長に付き合ってくれる?
早くて数年。。。かな(笑笑)

 

気付いているんだ。
その言葉の景色は、他の人には見えないこと。
その言葉の感覚は、どの辞書にも載っていないこと。
「愛子の言葉の辞書」は「愛子の中」にしかないこと。
けれど、それを知ろうとする仲間がいてくれる限り
表現する努力を続けることが自分はできること。
そんな仲間の心が私の心を育ててくれていること。
だから前へ進めていること。

 

 

だからかどうか、分からないけれど。。。
繋がっているのかどうか、分からないけれど。。。

その約半年前、【あるもの】を見てしまったんだ。
仲間たちと一緒に、品茶会で。
そのことと、あの時の感覚と、関係があるのだろうか。
わからない。

ぞわぞわする。

観音菩薩聖誕

旧暦2月19日
観音菩薩さまのお誕生日
夜明けと共に山山から爆竹が鳴り響く

昨日おかんが安渓から帰ってきた
親戚総出でお供用の青果(草餅)作り

昨年の冬至の時も私はこの家にいた
おとんはやはりいなくて
おかんと小紅がお供え物の準備
おかんが祈りを捧げた

 

もうすぐおかんと小紅が来る
お祝いのお供物と祈りを捧げる

この辺りはどこの家でも鉄観音を作っている
鉄観音と関わりのない家などまずない
誰もが鉄観音と共に生きている
今日は地域一帯、観音菩薩さまのお誕生日を祝う日

 

3人でお供え用の紙のお金を燃やす
炎の中から煙と灰となって空に昇っていく
天を仰ぐ。。。

おかんと小紅は気付いていない
実はね。。。
お供え物とお香のすぐ横に
おかんがお祈りを捧げていたすぐ隣にね
研究実験中の茶葉があったんだ。
観音菩薩さまはきっとご存じですね
連日ひとりで実験しているのを
ずっと横でご覧になっていたから(笑笑)

 

お供え物のお下がりを頂く
お茶は蓋碗のまま続きをいただく

思い出した。
わたし観音寺で生まれたんだ
鉄観音、何か繋がっているのかな?
そうだと嬉しいな
そう信じてがんばろう☆

お茶と私と蝶々と

春うらうら~~~♪
のどかな風が山を舞っている
なぜかまた山のお家でひとり暮らし状態
おとんはいない、来られなくなった。

朝のお茶
23秋【老茶樹】
素敵な香り、パワフルでやさしい
老茶樹ありがとう、とっても素敵よ
お客さんが入ってきた
開いた木の扉から蝶々たちがひらひら~♪

いつもの席
お茶を飲みながら見るいつもの景色
開いた屋根の上には【古茶樹】の側にいる大木たち
休んでいる野鳥たちのさえずり
開けた扉の外には新緑たちとおとんが作った小さな池
流れ落ちる湧き水の音

時々、子猫の声。。。ん??

 

おとんは山にいない、安渓にいる。
もしかしたら、、、とは思っていたが、
そうならないように願っていたのだが、
体調優れず、今回来られなくなった。
しょんぼりしている、声がしんどそう。
少し前まではのりのりだった、
でも春節頃はちょっと元気なかったな、
最近声にムラがある。
体調に不安があると安渓にいたほうが便利だから。
おとん、もうずっと山に帰っていない。

 

猫がいる。
おじいが使っていた部屋
壊れて使わなくなった六脚尖の中
生まれたばかりの子猫5匹&母猫
誰も住んでいない静かで清潔な家
子育てには最高よね。
私が来てさぞかし驚いたことだろう
でもごめんねごめんね、引っ越してくださる??
ここはお茶を作るお家なの。

24清明♡入りますっ!

《心の隊員》のみなさま&未来の《心の隊員》のみなさま!
成田です、もうすぐ搭乗します、毎度~~♪(笑笑)
って、言い続けられるよう願い、平安を祈り。。。
昨秋に続いて言える時が来た今、精一杯がんばる。

 

今回の目的は、大きくふたつ。

24春&秋の製茶のための諸々、準備・確認・会議etc。
それと、ミッション「M」の諸々、本格的に始動、
これはまだ詳しく書かない、品茶会でだけ話す。
全てはもっとおいしいお茶の実現のため☆

新茶の製茶ではないです、春茶は5~6月。
春節でもないです、それは1~2月。
でも春節は、当分行かないことになりそう、
行ってもおとんは山にいないから
前年の審評&ふたり会議ができない、その他いろいろ。

それから23秋、連れて帰りますー♪
お茶端会議室新館の日記を見て予約してくださった
《心の隊員》のみなさま、待っててくださいね!
4月下旬頃お届けする目標で、がんばります☆

 

3人で山に集合だ!!!

おとんも来る☆
ふいみんも中間で合流♪
山でおとんとふたり会議&3人会議、
議題は積もりに積もって山盛り状態、
特に「M」関連、今回が最初の3人会議。

おとんはもう製茶時の山にはいないから、
おとんと一緒に山にいられるのは製茶時期以外。
今年は多分今回だけだろう、まだ分からないけれど、
製茶時期以外に私が来ないなら、そういうことだ。

嬉しい。
単純に、おとんと一緒に山にいられるのが嬉しい。
あの山の、あのおとんの老房子の、あの時空間に、
あのおとんと一緒にいられるのが、とても嬉しい。
もはや山でおとんと一緒にいられるのは、
非常に貴重な機会になってしまった、
今回どのくらいいられるのか知らないけれど、
一日でも半日でも一時間でも嬉しい。

 

ふいみんにとっても山に来られる貴重な機会。
清明節の休暇(日本で言うお盆休み)を利用。
ふたりだから実現できることがある!!

 

私にとっても、言わずもがな。
約3週間、存分に過ごしたい。

やりたいこと、実現したいこと、
そのために今やるべきこと、今しかできないこと、
たくさんあって悩ましい。
しっかり考えて、しっかり絞らないと。。。

チャンスは全て一度だけ。
思いっきりやってみよう。

さあどうなったかな、ドキドキ。。。
ああどうなるのだろう、ワクワク。。。

好、入ります。

24清明、入ってきまーすっ!

天地の安排

今秋、採茶3天。
3日と決めて、23秋スタート。

今秋からの目標、シーズン3日採茶。
諸々の事情が変わっている。
3日採して行けそうなら、4日目がくるかも?位。

ちょうど好い。
非常に好い。
ありがたい、いろいろな意味で。
天地の安排に感じる、いろいろなこと。
感謝。

 

 

新しい扉、突然現れた。
コンパスに呼ばれている、久々の感覚。
誰もいない道、拓いていく。
もう歩き出した。
ワクワクする。

また冒険が始まった。
天地から届いたコンパス、新しいミッション?
なぜか、思いもしなかった方向。
なぜか、一番縁遠いと感じていた方向。
おもしろい、自分のコンパスとまるで真逆、
なのに繋がっていた、引かれる&惹かれる。
天地のコンパスの中で動く、わたしの小さなコンパス。
見えたかもれない、巨大な山、麓にたどり着いた?
全てがこの山に繋がっていた?感。
何が待っているのだろう。

見つけたかもしれない、
20年、探し続けた答え。
途端、
出現した山。

登りきれるか、生きているうちに、
ゴールにたどり着けるだろうか、
ゴールはあるのだろうか、
わからない。
進むのみ。
どんなゴールなのだろう、
知りたい、
発見したい、
今発見したものの先にある、大きな発見。
ドキドキする。

思い出す、歩き始めた頃。
嬉しい、この感覚とまた出会えるなんて。
今度は巨大すぎる山。
最後の山かもしれない。
多分、だれも見たことのない山。
おとんにも、見えない山。
そんな山、無いのかもしれない。
もしかしたら、誰も信じないかもしれない。
でも感じる、昔の人はうっすら見えていたであろう。
おじいはぐるっと回った向こう側から見えていたかもしれない。
でも登ったことはないだろう、
登りたくても登り方が分からなかったであろう。
ぐるっと回ったこっち側から私が同じ山に気付いた気がする。
登ってみたい。
なにより、おとんが信じてくれた、この山の存在。
飲んで確信してくれた、私には見えていること。
見つけなければ、登り方を。

 

 

審査2日目、
おとんのテンション、「一聞」で変わった。
来た来た来た、おとんハートセンサー、
え?飛んだ、本気モードいきなり来た、
うそ。。針振り切っている。。まじ??
これ?こっちも?え?両方?? まじかーー!!
よっしゃあああーー☆
1日目とまるで違う、久々のビンゴ☆
いやもしかしたら、初めて級の大ビンゴ☆
聞して喜んではしゃいで、飲んで悦んで元気になって、
やがて黙ってうつむいて。。。考え始めた。
また眠れなくしてしまった、、、らしい。

おとん:
どうやったらこんな好いお茶になるんだ、
どうやったらここまでのお茶が作れるんだ、
ああ嬉しい、ああすごい、ああおいしそう、
ああ早く飲みたい、ああああおいしい!!!
嬉しい♡嬉しい♡やった☆やった☆
『愛!愛!』『非常愛!当然愛!』
本当か?って?当たり前じゃないか、
動物だったらみんな好きに決まっているじゃないか、
かいでごらんよこの香りを、
こんな気持ちの好い香りがどこにあるんだ、
いつまでもいつまでもかいでいたい、
この香りを嫌いな動物がいるはずがないじゃないか、
飲んでごらんよこの茶水を、
こんな心地の好い茶水がどこにあるんだ、
他のどんなものも口に入れるのが嫌になる、
これを嫌いな人間がいるはずがないじゃないか、
誰もかいだことがない香り、誰も飲んだことがない茶水、
しかもなんて清潔で、なんて綺麗なんだ、
全ての動物の本能が好きに決まっているじゃないか。
しかし分からない、どれだけ考えても分からない、
自分にはこんなお茶は作れない、作ったこともない、
過去の人生で飲んだこともない、近いものすらない、
考えても全く分からない、でも考えてしまう、
布団に入っても眠れない、朝まで考えてしまう、
ひとりになると考えてしまうんだ、
一体どうやって。。一体どうやったら。。。
いつもそうだ、きっとまたしばらく眠れない。

ありがとうおとん、最高の評価。
私の最大の目標:おとんの『愛』
おとんが愛するお茶を、おとんが飲みたいお茶を、作ること。
作れるようになること、おとんの心がときめくお茶を。
それ以外表現できない、感謝の心&ご恩返し。
滅多に出ない、おとんの『愛』。
最大にして、最難の目標。
もしかしてクリア??ここまで大成功☆
まただ、どん底から成功が生まれる。
そしてまた、更なる、新たなステージが来た。
ふたりで興奮、夢が膨らむ。

 

 

少し前の山、
ふいみん大興奮:
好きと言うよりとても好き、すごい、錬金術☆
追加!追加!予約数増やす!もっと飲みたい!一生飲みたい!!
まじ?おいしい?ほんとに??ほんと? まじか!!!
やっばあああーー☆
ふたりで協力、知識&経験寄せる、知恵を絞る、
考える、実験開始、夢が膨らむ。

私も好き、「おいしい」と口から出た自分に驚く。
そんなこと、ほぼ記憶にない。
だが手放しでは喜べない、自分には分かっている。
まだ扉が開いただけ、まだ麓にたどり着いただけ、
気付いた今、スタートしただけ。
頭の中で過去の扉がパタパタ鳴っている、過去一の数だ、
どこだ、どこだ、見つけ出さないと。
分からないことだらけ、勉強したい。
忙しくなっている、頭の中。
躍動している、心の中。
とても好い感じ。

 

 

もしかしたら、この山なのかな。
もしかしたら、この道なのかな。
目指している場所へ行けるのは。
わからない。
拓きながら、進むのみ。
登りながら、また拓くのみ。
違ったとしても、嬉しい。
ずっこけたとしても、楽しい。
その時また、新しい扉が開くから。
ドキドキする。

天地の波に乗る、
天地に合流する、
その大船に身を委ね、
そのリズムを感じながら、
進む。
一瞬一瞬、目の前のこと、全力を尽くす。
与えられたこと、全て、精一杯やる。

この先に、どんな世界が待っているのだろう。
この先、誰と一緒に、どんな景色が見られるのだろう。
心が期待している。
うん、がんばるよ。
ありがとう、ありがとう。
全てがなんてありがたい。

23秋天♡
本当にどうもありがとうございました。

23秋♡撤収!

心の隊員のみなさま&未来の心の隊員のみなさま!
厦門です、搭乗しました、帰国します。

23秋、入って参りましたっ♪
滞在3週間。
真ん中でふいみん9日間。

採茶3天!!!
23秋、全9種類☆ &一泡球9種♡

おとんと安渓で審査2日間。

 

次のステージに突入感☆
突然開いた扉、思わぬ方向へ。
まだ知らない世界、きっと誰も知らない、発見したい。
新しい目標、ワクワク&ドキドキ。
おとんがはしゃいで笑っている。
ふいみんが興奮して笑っている。
私ルンルンで多分目光っている。
心の隊員たちの笑顔が見える。
夢が膨らむ。

非常感謝♡23秋。

 

メモ:未投稿の記事
天地の安排
◆3天入魂
◆天地の波
◆鉄観音の緑茶
丁寧なお茶
◆巨山出現
◆天地から届いた新コンパス
◆おとんと秘密の審査
◆19秋◎一泡球☆予約復活
◆10年毎のサプライズギフト


丁寧なお茶

丁寧なお茶を作りたい

丁寧なお茶が飲みたい

丁寧の先に生まれるお茶が好き

 

 

雑なのは嫌だ
がさつなのは嫌だ
強引なのは嫌だ
無理矢理なのは嫌だ
手抜きなのは嫌だ
適当なのは嫌だ
汚いのは嫌だ
不潔なのは嫌だ
騒がしいのは嫌だ
慌ただしいのは嫌だ
無神経なのは嫌だ
無思慮なのは嫌だ
無責任なのは嫌だ
いい加減なのは嫌だ
だったら作らない方が好い

天地に逆らうのは嫌だ
茶葉の声を無視するのは本当に嫌だ
見ていて辛い
側に居て痛い
飲んでキツい
だったら作らない方が好い

 

 

天地の波を感じ
天地の波に乗る
その大船に身を委ね
そのリズムに合わせる

茶葉の声を聞き
茶葉の声に耳を傾ける
その音色に包まれ
共に進む
ゆっくりと
ゆったりと

心を澄ませ
天地の流れを読む
星の瞬き
風の動き
虫の響き
静かに
時間をかけて
少しずつ

天を愛でるように
地を慈しむように
ひとつひとつ
瞬間を尊び
ひとつひとつ
心を添えて

 

 

その先にだけ出会えるお茶がある

宇宙から降り注ぐ星星たちのように
無限に姿を現しては輝きを変えていく香りたち
地球から湧き出でる泉水たちのように
無数に姿を現しては深みを増していく味わいたち

たった一度だけ
その日だけの
天と地と人の合流
一世一度のご縁

感じられないなら
感じて作れないなら
作らない方が好い

 

 


作れる
丁寧に
思うように
嬉しい
嬉しい
奇跡に感じる
この時代に
ありがたくて
ありがたくて
心が満たされる

 

 

丁寧の先でしか生まれない美しさ
そういうお茶に惹かれる

丁寧の先でしか現れない香りや味わい
そういうお茶が飲みたい

丁寧の先でしか出会えないおいしさたち
そういうお茶をもっと作りたい

もしも丁寧に作れなくなったら
きっと私は
作るのをやめるだろう

大事件から生まれたある仮説

 

誰もやったことのない実験・研究
始めた

ちょっとね、思いついちゃったんだ
思いついたら俄然、確認したくなった
誰もやっていないし
誰も持っていないから
自分でやるしか答えを知ることはできない
問題は環境が作れるかどうか、、

道具が揃った!
だんだん探して調達してくれた、感謝
うぇいうぇいの工場から備品調達、感謝
小紅&小絹作業手伝いしてくれる、感謝
みんな私が何をするのか全く分かっていない
でも協力してくれる

できる☆
いやああーーー♪ めっちゃ興味ある!!!
どうなるの!どうなるの?
ねえ未来の愛子、教えてよ
一体どうなるのおおおーーー♪

 

今春の合宿品茶会で発見した「大事件」
瞬間凍り付いた
横にいた花餃子も凍り付いた
ふたりで「チーン・・・」・・・大ショック

あの後、考えて考えて。。
おとんと話して、また考えて。。
対処できることはすぐに行動し
また考えて。。

ふいに、自分の中である仮説が生まれた
となれば
これは大失敗ではなく大発見なのか?!
急に盛り上がってきた

きっと誰も思ったこと無いだろう。。。ぐふふのふ
聞いたら笑われ否定されるかも。。。うふふのふ
まだ言わないよ、品茶会以外では
壊されたくないからね

一緒におもしろがってくれる人いると嬉しいな
一緒に楽しんでくれる人いたら最高だな
少なくとも品茶会参加の魂クラスの心の隊員は
興味もってくれた、期待してくれた
何名かは飲みたがってくれた
ふいみんも花餃子も飲みたがっている
誰よりも自分が一番飲みたがっている
おとんと一緒に飲んでみたい
ドキドキワクワク

数ヶ月、専門書・論文読みあさった
だって、こんな仮説聞いたことがない
近いものからヒントをもらうしかない
知りたいことはどこにも書いていない
参考になりそうなポイントをかき集める
パズルのように組み合わせ、考える。。
組み変えては、考え。。
組み替えては、考えて。。

やっぱりどう考えても
たぶん・きっと・そうだったんじゃないか。。と思う
状況から想像しても
背景から考察しても
地域全体を観察しても
おとんの話から推測しても。。

確認してみたい
どうやったら確認できるだろう
考える

 

やれるときが来た
実験法を絞る

まずはおとんに確認したかったけどいないから
その子供達&孫に確認
みんな不思議そうな顔している
小絹「木頭香」
小紅「好香」「薬草」「壊れていない香」
うぇいうぇい「問題はない」「何かに似た香」
私を含め全員嫌ではないのか?
もしかして、いけるかも?
わたし、やっぱり何か発見しちゃった??
いやいや、大笑いで終わるかもね
そうなっても、それもまた楽し
どちらに転んでも楽しいだろう
やばい、めっちゃ嬉しくなってきた

さあどうする
老茶と新茶、同時進行でいく
それぞれ視点が違う、方針を定めないと
まずは、2通り、2通り、で4通り、かな

また長い探検が始まった
何年かかるかな
やっぱり十年かな、少なくとも

今がスタート地点
しっかり考えろ

大掃除&配線工事

製茶の前に
やるべきことがある

仕上げの大掃除
あと2日はかかりそう
昼から小紅&小絹が上がってきて
手伝ってくれている

配線工事
電気工に来てもらう
うぇいうぇいも一緒に上がってきてくれる

家中の電気関係、配線確認
ほぼ全て交換、接続し直し
もちろん製茶室も
新しいホン焙機の配線&試運転

各所スイッチ蓋の中は山蜂の巣
電気線は野ネズミの餌
スイッチは風化で反応なし
茶摘みの籠も蜂さんたちの隠れ家に
どこもかしこも錆、劣化、、、総取り替え中

数週間前から小紅&小絹が
掃除やら洗濯やら準備してくれている
おかげで80%使える状態
あと20%
今日明日で仕上げる

この家は一般的な家とは違う
山の中・四合院・天然素材の老房子
鉄観音の製茶をするための家
家全体が伝統茶を作るための製茶所になっている
現役で使えるように管理維持するのは
普通では思いつかない膨大な手入れが必要
もちろん年に何度も手入れされている
でも人が住むのは3年半ぶり
製茶するのは4年ぶり
あちらこちら痛んでいる
すぐに使える状態ではない

この家があるから『愛鉄』が作れる
この家があるから『愛鉄』が生まれる
この家が無くなれば・・・

大掃除&お手入れ
お久しぶり、帰ってきましたよ
また会えましたね、お元気そうで好かった
また一緒にお茶作りましょうね、好いですか?
23秋どうぞよろしくお願いいたします

家は何も答えない
でも応えてくれた
動き出した、いつものように
おとん一家のみなさん、非常感謝