16秋撤収っっ☆

本日花餃子と共に帰国しまーす!

今回は、この2週間で包装袋決めまで済ますため、最後は安渓で2泊。
いつもより駆け足~、ひー。

ぶろぐ途中が吹っ飛んでいます!!!(笑笑)、毎度すみません~。
毎日メモや下書きのままで記事が投稿までに至らず、、、ばったんきゅう~。
でした。

《心の隊員》募集も、もちろん準備中っ☆
記事の文章部分は山で書きましたが、まだ全体が書きかけでして。。。

 

しかし、今回も山はすったもんだのてんやわんやの大騒ぎよ。

最後の最後に、おんっっもしろいお茶作っちゃった!!!
おとんも初めて見たって、大はしゃぎの大喜び、『どうやって作ったの!!!』って。
おとんの話がヒントになって思いついたの☆
「あの日」のお茶のおまけのおまけみたいな感じ。
これは心の隊員と一緒に1000天後飲むんだっっ☆
味見用は持ってきたから、品茶会で飲みましょーねー♪
すげーよ。。。ふっふっふ♪

最後の審査「16秋・15秋・15春」、これがすごかったあああーーー♪
新茶と並べて初めて気がついた、超びっくり!!!だよーーー。
今でこうなんだから。。。将来のこと想像して、おとんとふたりでお祭り騒ぎーーー♪

花餃子と「山羊のおんじ」のところにも行けた♪
残念ながら山羊たちは山に出張中だったけど~。
雷鳥みたいなめっずらしい鳥がいた、あれなんだろう。

今秋は、インタビューや日々の会話のおとんのセリフで、印象に残るもの・初めて知ることもいっぱい。
へえええーー!!!、って感じ。

そうだ、なんと!!!
最後まだすっごい老茶樹があることに気がついたのよーーっっっ☆
少くても数百年ものよ、きゃーーー☆
なんで今まで抜けていたかなあ~~~。
次、絶対つくるっっ!!
ああーーー♪、どんな味するんだろうーーーっ♪

あれもこれも、話したいこといっぱいだあああ~~☆
ぶろぐの続きやる気まんまんよ、帰国したらそれぞれ仕事に戻るけど気長に待っててねっ!

とりあえず無事に山を降りました、安渓でもやることも済みました。
おとんの「あひるの玉子」いっぱい抱えて(笑笑)、空港向かいまーすっ!

あーーー、また送信できない~、だめだこりゃ。。。とりあえず出発ーー、またっ♪

老茶樹がやってきた

昨夜、久々登場の花餃子到着。
今日、ふいみんが帰る。

朝から大問題発生。

昨夜も朝まで製茶していた。
ふいみん帰ってしまうから、今日から私一人になる。
おとんはあてにならない、本人はやる気があるが、突然訪れるお客さん達の対応で結局毎日急に消えることになり、必要なときに現場にいない。
お茶は待ってくれない。
結局ふいみんと私ふたりで製茶。
摘める日が少ないから、一日の量が多い。
すでに体力限界。
今日からはひとりで製茶することになる。
一日休みたい。
けれど、明日以降雨が来る。
今日摘むのがラストチャンス。
でも、ここ数日寝る時間が取れていない、とってもじゃないが作れない。
私は仙女ではない、このまま続けられない。
残念だけど、今秋は老茶樹は諦める。
同日に作る生態茶も諦める。
今日は摘まない。
今秋は終了だ。
ふいみん、私今日作れない、でも炒茶はあるから少し休む、朝になったらおとんに電話して、お願い。

徹夜で帰り支度をしているふいみんが、朝になって、おとんに電話してくれる。
ベッドの中で、その会話を聞く。
ふいみんが大きな声で何度も説得している、『今日愛子は作れないから摘まないで』
何度も大きな声で繰り返している。
その様子から悟る。
おとんが暴走した。

ふいみん部屋に来る。
『愛子、、、ダメだ、、、止められない』
「うん」
『もう摘み始めていて、もうすぐ終わるって、、、』
「え、こんな朝から??なに考えてるんだ?」
最悪だ。
もう眠れない。
もうすぐ茶葉が来る。
この体調で、ひとりで、どうやって好いお茶をつくれるんだ。

ふいみんが出発する前に茶葉が到着。
おとんも到着。
まだ午前中。

おとんが泣きそうな顔で騒いでいる。
どうした?
更に大問題があるのが分かった。
おとん『まだ早かったっっ、未成熟なのに摘んだ、もったいない、なんて馬鹿なんだ、10日早かった、無駄にした、ゴミになる、、』
嘘でしょ・・・。
泣きたいのはこっちだ。
けれど、今はおとんを慰める、おとんショックでパニクっている。
大丈夫、おとん、大丈夫だよ。

疲労ピーク、睡眠不足、ふいみんいない、他に助手役もなし。
どうしよう。
おまけに、朝摘みで、しかも未成熟だと?
私は神ではない、どう処理しろと言うんだ。
この茶樹に、私がどれだけの年月と想いを注いで、ここまできたと思っている。
本当に、どうしよう。
茶葉はもう目の前にある。
私の体(体力)、私の頭(集中力)、お願いもう少し、あと一日だけがんばって。

ふいみんが、不安マックスの様子で山を降りる。
ありがとうふいみん、本当にお疲れ様、大丈夫だよ、まずは気をつけて帰って、今晩連絡取り合おう。

こんな状況からみて、もう次からはふいみんがいないと製茶はできないだろう。
でも、今はひとり。
ラスト一日、乗り切るしか無い。

さーて。
まずは、一番の難問題。
未成熟のこの原料、どう製茶しよう。。。

 

そうだ!!!閃いた☆

おおおーーー、すごいことに気がついた!!!
そうだ、そうだよ!!!
うわーーー、これ絶対茶友たちも興味あるはず♪
そうだ、そうじゃないか、絶好のチャンスだ、やってみようっっっ☆

茶摘み2日目

晴天キターー♪
暑い!!!

製茶始まった!
ブログどころじゃなくなっちゃったよお~~~。

16秋、摘めるのは多くて5日?
がんばる。

明日(15日)、もうひとり来る。
入れ替わりで、翌日ふいみん帰る。
明日がふいみんラストの夜&3人揃う一晩だけのチャンス。
がんばろう。

お月さまきれい、星星会えた。
製茶作業、たった今終了。
眠い、寝る!!!
おやすみなさーい☆

あの場所へ!

春のような雨がようやく収まり、天気予報ではこれから曇り、晴れ間があるということで、あの「魔」が眠る場所へ茶樹たちの状態を確認にGO!

CIMG8159  CIMG8163
んん?ここっていつかの特王の畑では・・・ 山を回って

CIMG8167  CIMG8171
この廃屋、台風でさらにぼろぼろになった

CIMG8175  CIMG8184
てくてく・・・             急斜面を登って

CIMG8207  CIMG8189
到着、やっぱりここは気持ちがいい!    まだ小さい

CIMG8232  CIMG8243
向うから雨が来そうで急いで帰る     途中におかん茶摘み隊発見!
                    (このチームは28人)

おとんが洗い出す

おとんはきれい好きだけれど、茶碗を洗う後片付けが実は苦手。
ここでは基本隊長+副隊長がやっている。

でも、今日はなんとおとんが自分から進んで洗い出した。

CIMG8140

しかも、洗い出すと何かを思い出したかのように、次にこれを洗い出した。

CIMG8153  CIMG8150
昔の鉄製炒茶鍋!           昔はここで炒茶していたそう
しかも、ごはんもこれで作っていたとか・・・
(米を炊く、野菜をゆでる)
おじいの時代にすでにあった鍋だそうで、ある時戦争のために党が全国の鉄製品を集めていたけれど、山奥過ぎて集める人が担いでいけないから残っていたそうだ。
(昔は道路が整備されておらず、交通手段がなく歩いて海沿いのところまで20日間以上かかったという)

おとんインタビュー

これまで製茶に専念し、突っ走ってきたところを「一休みしたら?」と言われているような今回の雨の秋茶シーズン。
せっかくなので今後の方向性やここのところ温めている「ある企画」について連日話し合っている。

おとんも製茶に気を取られることなく落ち着いて話し合える機会ってそうそうないので今回は毎日品茶しながら「おとんインタビュー」を敢行(笑)。

CIMG8126b
製茶マエストロの二人。いつ、どこで出会ったのかも思い出せないという二人。
実は似たもの同士?!