初四の夜

もうすぐ日付が変わる。
ひとり静かな山の家。
近隣の村ではまだ花火音。
本日の審評結果についてふいみんとネット電話中。
暴漢たちが襲ってきた。

 

 

この家が私を守ってくれた。
私を守るためにたくさん傷ついた。
7つの盾で時間を稼いでくれた。
4つの扉が痛めつけられ、
2つの扉と1つの窓が破壊された。
すんでのところで駆けつけた弟たちが到着。
あと10秒はもたなかった。
程なく彼らは御用になった。
私には傷ひとつない。
おとんが作ったこの家が私を守ってくれた。

 

 

離れなかった。
心が拒絶した。
離れてはいけないと思った。
夜が丸見えになった部屋でいつものように寝た。

 

 

治してあげたい。
家が叫んでいる。
剥き出しの傷口が泣いている。
老いた体で一生懸命守ってくれた。
限界だったのだろう。
今度は私が守ってあげたい。

 

 

この家は私の財産だ。
この家で過ごす時間は私の人生の財産だ。
おとんの大切な家。
おとんが作った製茶人の家。
孤高の魂を感じる。
いつからだろう。
この家でないと「私」は生まれない。
ここでないと私の作りたいものは作れない。
絶対に欠かせない相棒。

 

 

瓦が劣化し製茶室も雨漏りする。
天井がゆがみ所々落ちかけている。
壁の漆喰が剥がれ中身が見えている。
金具が錆び付きもろく壊れかけている。
柱や扉は雨風にさらされ腐食してきている。
過酷な自然環境下、おとんと共に約40年歩いてきた。
今おとんひとりで手入れするのは難しい。

 

 

今回、到着した日に気付いた。
そうか、この家は私の「アトリエ」なんだ!
この周りの自然環境含めて「私」を作るアトリエなんだ!
いつからかは分からない。
大門を一歩入ると異次元空間に移動する。
全てのパーツが合体した感じがする。
ここでないと生まれない。
この家でないと作れない。
茶葉は私の作品、私自身なんだ。

 

 

おとん家族は何年も前から誰も寝泊まりしていない。
もう私しか住んでいない。
時折来る私と仲間だけ。
おとんの子供たちは手入れする気が無い。
今必要としていない。
それぞれ事情がある。

 

 

このままでは朽ちてしまう。
今一番住んでいるのは私だ。
今一番必要としているのは私だ。
これは私の役目だ。
おとんと私、ふたりでやろう。

 

 

人生でこんな素晴らしい出会いがあるだろうか。
こんなに不思議で、こんなに幸運な縁があるだろうか。
今お茶から繋がる私の幸せは全てこの家からスタートしている。
ここで生まれる感覚・時空・気づき・喜び・お茶たち。
そこから繋がるご縁、真剣に語り笑い合える仲間たち。
みんなみんな私の幸福な財産だ。

 

 

がんばらないと。
がんばって真剣に審査して、
がんばって必死に考えて、
このどこにもない、誰にも作れないこの茶葉たちを、
必要としてくれる人を探し出さないと。
おとんと私が感じている本当の価値を、
もしもきちんと伝えることができたなら、
きっとその先に、
必ず出会いはある。

 

 

そうしたら治してあげられる。
待っててよ。
あともう少し、がんばって。

 

 

さあ、おとんが来た。
老鉄の審評、今日も始めよう!
10年前の仮説たち、果たしてどうなった。
誰も知らなかったこと、知ることができる。
今が「その時」。
集中☆

春節快楽

茶友のみなさま&これから茶友のみなさま!
新春快楽!身体健康!全家幸福!心想事成!

喜事成双♪♪
P2051418P2081541

今年はどういうことか、初一(正月の日)から双子ちゃんとの遭遇が続く!!

初一最初に口にしたもの、あひるの卵、双子ちゃん☆
初一最初に挨拶に行った茶樹、老茶樹、双子の葉っぱ☆
『これは珍しい!』『初めて見た!』『きれい!』『ちょうだい!』見た人みんなが笑顔に♪

おとんが言う。(ふたりで山歩きしている時)
『そうだ!まだあった!初一の日に自分と愛子もこうして「双」だー♪』
(ん?なんかちょっと違うような??。。。まいっかー!)
あははははははーーー♪♪老茶樹の中でふたりで大笑い。

きっと19年は、ここに集まってくれる仲間はみんなみんな『喜事成双』よ!!(笑笑)

19春節☆行ってきます!

茶友のみなさま&これから茶友のみなさま!
おはようございます、成田です、雪の空港よ。
もうすぐ春節でーす☆

昨年に続き、山でおとん家族と旧正月を過ごしてきます。今年は昨年のように武夷山への旅行等は行かず、ずっと山にいます。

今ちょっと余裕なし、遊んでいる場合じゃない。
旅行も行きたいけど。。。さ。
いや、それよりもしたいことがあるのです、そっちが優先。
山に籠もって「仕事」します。

12月の「杭州黄山プレゼンの旅」で、思った。
すぐにしなければ、と。

全ての老茶の審評!!!

これ、かなりの「大仕事」です。
一回じゃ無理だろうな。。。さて、どうやる。。。

 

わわわ、時間になっちゃった、とりあえず行ってきます!
また山の家からー♪

18秋冬☆無事撤収

茶友のみなさま&これから茶友のみなさま!
新年好~☆

無事帰国していまーす!
帰国直後に牛乳買ったら賞味期限が『1月』で「何でだろう?長期保存用?」。。。年末だということすっかり抜けていた。(笑笑)
そのくらい、12月は集中していました。

 

がんばったよ。
ふいみんと杭州で合流&解散までの6日間。
その場その場でできること、マックスで。
ターニングポイントになるかもしれないど真ん中にいることを感じていたから、精神集中して取り組んでいました。

 

体調を崩しやすい条件下だったので、かなり用心していたのですが・・・。

一週間連続して、脳集中・睡眠不足・長距離移動・周囲に風邪人・外食・新しい出会い・初めての場所・極度の緊張・気合い、、、等々から解放された瞬間・・・。

ふいみん、杭州の飛行場で解散直後に高熱・・・、しばらく胃腸風邪(今はほぼ回復☆)。本当によくがんばったんだよ。
私、帰国後喉のひりつき・胃がしっくりせず、しばらく用心(今は大丈夫☆)。自分が思う以上に疲れていたのだと思う。
ふたりとも「気合い」でなんとか乗り切れた感じかな。

 

大変なのよ~~~。
向こうの人と本気で交流・何かを一緒にする、って。。。

言葉、感覚、常識、習慣、知識、礼儀、、、全てが違うから。
出身地や立場が違う新しい出会いが増えると、さらに複雑になっていく。

それらが四方八方から「容赦なく降り注ぐ」中で、ふたりでタッグを組んでゴールに向かうの!!!
いつどんな予測不可能な展開になっても進めるよう、頭・心身の全てを各方向にフル回転させながら!!!
進行しつつその場で改良を加え実行しながら突破口を探り出していく!!!
ホテルで洗面している時も着替えている時も、常に振り返って考えて話し合って頭と心をアップデートしてスタンバイ。。。

必死だった。

そんな状態が約一週間、朝から晩まで休みなく続き。。。
やっぱり、ダブルグロッキ~~。(笑笑)

 

 

見守ってくださっていたみなさま!
ご報告遅くなりすみません&ありがとうございました。

ふいみんが最後にちょっと大変だったけれど、おかげさまでふたりとも無事帰国できました。

6日間、もりもり沢山!
大変でしたが、同時にとても楽しかった♪
久しぶりの黄山・杭州も、街のご馳走も、老朋友にも会えて、新しい出会いもあり、ふいみんとクリスマスを過ごせたのは最高に嬉しかった☆そうだ!クリスマスに翁家山のおじちゃん&おばちゃんにも会いに行けたよー☆

今回、茶友探しの具体的な成果はありません、が、これは時間が必要。しかし、当初目的にしていたことの達成と、それ以上に根幹に関わる大きな収穫がいくつもあります☆一番は、私たちが信じていたことが「確信」に変わったこと、これは非常に大きい。そのことが今後の活動に大きな意味をなすと感じるし、新しい道が作られることも感じるので、その「確信」が今回の一番の収穫でしょうか。そして、そこから見えた「希望」が今回の最大の成果かしら☆

「確信」から「希望」が見えた!
「希望」から「勇気」が生まれた!
「勇気」から「努力」したくなった!

まだ海のものとも山のものともつきませんが、心に「希望」があるとパワー出ますねーー、わくわくしてきます、もっともっと努力したくなります。

詳しくはまた改めて。。。できれば品茶会で直接お話したいなー♪

 

よし、またがんばりたくなってきたぞ☆
今年もお互いがんばってもっともっとおいしいお茶飲みましょうねーーー!!(笑笑)
本年もどうぞよろしくお願いいたしますっ♪

山を下り安溪へ

山を下ります!
早ーーーーーーっっっ。

この家に到着して7日目、中5日。
ずっと籠もって集中してた。

18秋の製茶後作業&杭州黄山プレゼン準備、主に審評。
秘密の倉庫作業1日、資料作成1日、審査3日71種類。

 

この家は、審査するのに最高。
『だって、研究所だもん。』by花餃子
確かに。。。

ひとり籠もって物事をするのに最高。
冬、誰も来ない。
夜、何も聞こえない。
寝ている時、考えている時、誰にも邪魔されない。
一週間なんて瞬間だ。

わたし、ここにいるのが、本当に好きだ。
おとん、おかん、本当にどうもありがとう。
杭州、黄山、どうなるかわからなけど、がんばってみる。
『研究所』の屋根も壁も剥がれてきているし、、
『秘密の倉庫』ももう拡大しないと間に合わない、、
なんとかしたい、、本当に、、。

 

◆初日12日、この冬一番の寒波、安溪で包装袋決め。
夜山到着、茶葉チェック&小紅と18秋の反省会議

◆2日目13日:大寒波、小紅と茶庫作業:18秋保存

◆3日目14日:寒雨、一日中ひとり資料作成、審査準備

◆4日目15日:おとんと審評1:10秋全22種

◆5日目16日:おとんと審評2:11秋選11種/24、18秋全12種

◆6日目17日:おとんと審評3:13秋選13種/15、mix13種※
(※:09秋【1号】 09秋【2号】 11秋【虹密王c】 13秋【魔王】 14秋【龍王】 15秋【風王】 15秋【空王】 15秋【氣王】 16秋【純王】 17春【桜の魔王】 17秋【紅の魔王】 18春「22号后魔王山」 18秋「28号①魔王山」)

◆7日目18日:茶庫からプレゼン用老鉄サンプル取り出し作業、安溪へ(到着後、包装作業開始)

 

いやいやいや。。。。審評の結果がすごかったなー☆
予想通りやら、予想と違ったびっくりやら、いろいろ。
当時期待していなかったのが大物の姿を見せてくれたり、
またその逆もあったり。。。
新発見やら新確信やら、盛り盛り。

復火するべき種類も、いくつか分かった。
あー、それ、サイトで言った方がいいかな。。。

おとんの味覚、やはり特別だ、抜きん出ている。
テストも兼ね、飲む前に目的は言うが、おとんに茶葉の説明はしない。
信頼していないわけじゃないが、いつも確認する。
やっぱりすごいなー。
同日同原料の前後、老茶、雑種、季節。。。、飲んで気付く。
言った側から物事忘れるのに、茶葉の味香りは2日前のレーンでも覚えている。
そんな人、他で会ったこと無いよ。
ぶれない。
このおとんがいるから、わたし、変な方向に行かずに、ずっと上り続けることができるんだ。

おとんの評価が、当時と変化しているところがあって、驚き。
おとんも進化している?
自分でも驚いていた。
そして、楽しんでいた。
多分、初めて知ったんだ。

お茶作っている人は、基本自分が作ったものを先々に振り返ることをしないから、多くが思いたいように思い込んでいて、過ぎたことは証明のしようがないし、なんとでも好きなように言えるし、自分に都合のいいようにその場をやり過ごせる。

だが、私にはそうはいかない、現物と記録があるから。
おとん、初めて過去の自分を見て、それもひとつふたつじゃなく、いくつもいくつも見て、そして初めて事実を知ったんだ。
各レーン最後、おとんの総合判定確定後、私から『答え合わせ』&解説。。。そのときの反応が。。。、おもしろかった。(笑笑)

当時、数年かけてどれだけ懸命に何度も何度も何度も説明しても理解してもらえなかったこと、ここに来てようやく伝わっているのが分かる。
分かれた小さな道、歩き続けていたらいつのまにか合流していた、今は同じ大きな道を一緒に歩いている。
やっと話が進行できる時がきた。
嬉しい。
今は同じ道、おとんの方がノリノリで先を歩いている。(笑笑)

3日間の審査。
とにかく、10年の歳月をかけないと知り得ない結果が、山盛りだった☆

 

 

10年。

そうね、何をするにも、最短でも10年は必要だ。
何かひとつの結果を知りたければ、どんなに早くても10年は軽くかかる。

知りたくても知ることができなかったこと、たくさんあった。
自分でやるしかなかった。
こういうことが知りたかった。
やっと、その結果を知ることができる段階に入ってきたような気がする。
ここからどんどん増えていく。
そして、更にそれらを生かした次の世界に突入していく。
こういうことがやりたかった。

10年、ずっと一緒に歩いてくれている茶友がいる。
彼らがいつも私の心に薪をくべてくれる。
消えそうな時も足してくれた。
だから歩き続けられたんだ。
もしも茶友がいなかったら。。。、目の前の茶葉はない。
審評しながら、何度もそう思った。
心からあふれる想い、感謝、なんだろうな。
こういう感覚がある今の自分が、私、好きかもしれない。(笑笑)
なんだか、とてもいい感じ、嬉しい。

この家にいる時は、子供のよう。
余計なものが何もない、素直な感覚。
飾りも要らない、単純、シンプル。
好きなこと、大切なこと、やりたいこと、はっきり見える。
いるだけで素になれる場所なのかな。
何もしていなくても、ここにいるだけで気持ちが好い。
作った人のような家だ。
おとん、素晴らしい家だね。

季節になれば、ここで、ただおいしいお茶だけに向かっている。
今は、自分がやりたいように作れる。
「自分がやりたいように作れる」???
わーー、それって、すごい。
なんてすごいんだ☆
そんなことできるようになったんだ。
もっと真剣に没頭したい。

山を下りたら「子供」のままではいられないからね、
「外の現実」が待っている・・。
せめてここにいるときは、この感覚のままで、
もっとおいしいお茶を作ることだけ、一生懸命考える。

 

 

さあ、山を下りるぞ。
ここに戻って来られるように、「大人」の世界でもがんばる。(笑笑)

だって、見えちゃったんだもん。
審評で、過去の自分がやった結果を見て。
信じて突き進んだ道、間違っていなかったみたい。
どうしよう、わたし、もっとおいしいお茶、作れちゃう。(笑笑)

続18秋☆行って参ります!

茶友のみなさま&これから茶友のみなさま!
おはようございます、成田です。
わー、この一ヶ月早かったーっっっ。
ちょっと別の準備もしていて、それが間に合わなかった部分もあるのですが。。。しかたない、これで行くしか無いね。
とにかく秋の続き、行ってきまーす☆ 

18秋はなかなか始まらなくて、最後の4日だけでした。
これまでにない集中と、やってみたかった製茶のチャレンジができて、それらが好い方向で揃ったので、嬉しい&嬉しい。
結果、4日で9地点12種だよ!!! わーお☆

最後まで作っていてそのまま山から直帰したので、
製茶後の作業ができなかった。
なので戻ります。
お迎えに行かないとね。(笑笑)  

ちょうど小紅が、精製作業終了したところ。
やはり一ヶ月かかる。
もう彼女にしか任せられないのがお互い分かっているから、今回も小紅ひとりで完結。
さっそく今晩チェックするよ。

先に、安溪に寄って包装会社回って袋決め、
その後遅くなっても山の家に帰る。
あの家の私の部屋で寝たい。
全てがリセットされたような感覚になる。
消えるように眠れる。
楽しみ。

 

さて。

18秋は戻ることになるのが、作る前から分かっていた。
けれど、いざ戻るとなると、製茶後作業だけ、って言うのもなんなので。。。

 

杭州&黄山、行ってくる!
ふいみんも来る!!

わー、久々ーー。
杭州は5年ぶり?黄山はもっと前。
楽しみだなーーー。

だけど、遊びじゃないんだな。
真剣な話。
茶葉が換金しなくて、かなり厳しいのです。

茶友探しです。
この一ヶ月は、そのプレゼンの準備をしていました。

よし、時間だ、続きはまた山から!
がんばるぞ、行ってきまーす☆

18秋☆一時撤収!

茶友のみなさま&これから茶友のみなさま!
厦門空港です、これから帰国します、山から直帰、花餃子と一緒です。

ぎりぎりまで作っていました!!!
昨日最後の茶葉が仕上がり、そのまま夜までおとんと製茶直後の全体審評。
今朝山の家を出て、飛行場へ直行。

 

ねえねえ、誰か気付いてくれた???
動画ブログが始まったよーーー♪
(正確には10年ぶりくらいの再開、かな。)

前半ふいみんとふたりで数日集中してレール作り、
そして、現場から動画投稿☆祝再開通ーー♪
(ここだけの話、この実現はかなり難しい、いろいろと)

後半バトンタッチした花餃子、お茶作っている私の横で睡魔と戦い白目むきながら編集作業&動画アップ。
途中で原因不明の不具合等あって、ちょっとストップしているけど、準備はできている、解決したら続くよ。

とにかくレールが引けた☆
やったーーー♪
これからどんどん走れるっ!
まだ荒削りだけど、走りながら様子見ながら磨いていく。
まずは再開通年のふたりのがんばりの成果、見てねーーー♪

 

 

18秋。
4日で12種!!!!
わお☆
気候の影響で摘める日が4日しかなかったのに、全9地点製茶できた!!!
同日同地点でさらに突っ込んだ製茶もできた!!!
こういう製茶、ずーーーっと実現したかったーーーっっ♪

そして、仕上がったお茶が、好いーーーー♪
わああああーーー、どうしましょう!!!(笑笑)

 

今のチームだからできた。
小紅。
それから「福ちゃん」。
私のしたい製茶の実現に、もうこのふたり以外は考えられない。
他のメンバーでは無理だ。
この3人だから実現する。
嬉しい。
嬉しい。
嬉しい。
ありがたい。

 

でも。
もっとできる。(笑笑)

だって、これからできることが見えてくる。
今までしたくてもできなかったこと、できるのが見える。
自分が本当にやりたかったことが、見えてくる。
やりたかったことが、どんどん実現していく。
諦めなくていい、妥協しなくていい、
やりたかったことがもっとできる!
そうだよ、私、本当はこういう風にしたかったんだ。

 

次が見える。
もっとおいしいお茶になるっ☆

わくわくしてくる。
見たかったこと、
知りたかったこと、
見えなかった世界、
ぐんぐん近づいてくる。
心臓の音が聞こえる。
目の前の人、茶葉、景色、目に入るものが全部、輝いている。
みんな、美しい。
この世界は、なんて美しいのだろう。。。

 

 

 

よしっ、帰ります。
18秋、「一時」撤収ーーー☆

来月戻りますっ!
製茶後の作業をする時間がなかった。
ぎりぎりまで製茶することになったから、仕方ない。
仕事がある、とりあえず帰国します。
ふいみん&花餃子、本当にお疲れ様でしたーー!!

製茶直後審評

午前最後の茶葉が仕上がり、
午後からおとんと製茶直後の審評。

 

茶摘み日4日で12種!!!!
こういう製茶、初めて☆
充実感。
したかったことが、実現できた。
小紅がいるおかげ、ありがとう。

 

おとんが嬉しそう。
蓋を聞して『嬉しい』と小さくつぶやく。
静かに静かに、とっても嬉しそう。

少し前に政府のコンクールの審評の仕事で一週間かけて700種類審評したそうだが(めちゃくちゃ疲れたってぼやいてた)、

『700種類飲んでもこんなお茶ひとつもなかった、このかけらすらない、完全に違う』

そんなこと言いながら、審評なのに珍しく全部(12種×5煎)飲み干していて驚いた、製茶中は毎日下の工場でお客さんの接待で朝から晩まで現代茶飲んでいるから胃の調子がずっと悪い・・・って、いつもはこっちのお茶も飲み込まないようにしているのに。。。、よほどなにかに飢えていたのかな。(笑笑)

 

 

各地点、それぞれの個性、素敵。
個性を越えた奥に、全部に共通する「ある香り」。
この香気、本当に好き。
たまんない。

これ、なんなんだろう?!?!
自分が作った茶葉以外では感じたことない、多分。
記憶にない。
鉄観音にこういう香りの存在があるとも、思っていなかった。
おとんも『気持ち好い!気持ち好い!』と連発。
数年前から気付いていた、時々あることに。
全部にあればいいのに、と思っていた。
最近は、ほぼ全てに感じる。
強弱の違いはあるが、全部に明確にある。。。、気がする。

 

この香り、吸い込まれそう。
違う世界に行ってしまいそうな感覚になる。
瞬間、このまま時が止まっても好い感覚になる。
たぶん。。。とても好きで、とてもおいしいと、体が喜んでいるんだと思う。

 

 

なぜだろう。
時々、香りに涙があふれる。

仕上がったばかりの茶葉、それぞれ初めましての香り、
その香りを聞くと、その香りが体の中にすーーーっと入ってくると、
胸の奥からこみ上げてくるものがある。
言葉に詰まる。

ありがとう。
ありがとう。
本当にどうもありがとう。