各地点へ巡回スタート

まずは『魔』の棲む場所へ。

ちょうど来た日の前日とその前日に大雨が降っていたそうなのであちこち滑りやすくなっている、危険度MAXの道のり。

CIMG0063 CIMG0065 CIMG0072 CIMG0078 CIMG0084 CIMG0087 CIMG0100 CIMG0103

 

途中小紅と合流した。
道中に野生の梔の花。同じ花でも状態によって香りが違う、花の香りに例えるときは何の花のどのような状態かが重要、と説明する隊長。

CIMG0108

CIMG0121 CIMG0124 CIMG0128 CIMG0130 CIMG0131 CIMG0134

到着!

19春天☆炒ってきます!

茶友のみなさま&これから茶友のみなさま!
おはようございます、成田です、毎度~~。(笑笑)

先月のブログ(19谷雨)が途中で止まっていますが、
帰国して10日間のゴールデンウィーク挟んで、
あっという間に春の収穫期が来てしまいました。

19春、とっても好いイメージがあります☆
そこに向かって進みます!

 

さてさて。
私たちのあの「紅い子」たち、どうなっているかな~♪
もう「緑の葉っぱ」になっているのでどれも同じにみえるでしょうね。
でも4月は芽の状態だったので、一目瞭然でびっくりしましたね!

 

私が選んでいる茶樹、本当に目立っていたよ。
あそこまで違うとは、知らなかったなーー♪

あの辺りは、見渡す限りの山山山どこまで歩いても
どこもかしこも全部鉄観音の茶樹だらけなのに、
その芽の海の中で私が作っている茶樹たちは、
他と違ってとっても目立っていた。

 

どれだけ「違う」と言っても、
『同じ』『変わらない』と言われてきた。

茶樹の段階で香りが他とはぜんぜん「違う」のに、
香りは目に見えないからかな、
ほとんどの場合『変わらない』と言われる。
気付かない人にはきっと『同じ』なのだろう。

でも気付いてくれる茶友が少なからずいる、
それがすごいと思う。
本当に嬉しい。
だから自分を信じて前に進める。

 

ところが。
見えない違いが、あそこまで視覚的に確認できるとは!!!
いやー、びっくりびっくり。
なんか証明(?)されたみたいで嬉しいねー☆(笑笑)

 

よし。
その「紅い子」たち、炒ってきまーす♪

審査二日目:奶香

気になるヴィンテージをじっくり飲む!

CIMG9336CIMG9337CIMG9339CIMG9359CIMG9370CIMG9376

途中、「奶香」の話題になり、安渓にもともと牛乳や乳製品はなく、おとんはこれまで牛乳も生クリームもヨーグルトもバターもチーズも口にしたことがないのに、おとんにとっての「奶」はいったい何なのかについて愛子がおとんに疑問を投げかけた。

愛『鉄観音にいつから「奶香」という表現を使うようになったの?誰が言い始めたの?外地人?本地(安溪)人?昔から伝統茶に「奶香」という表現はされていたの?いつから聞くようになった?おとん、牛乳の「奶香」は知らないでしょう?おとんにとって「奶香」って何が一番近い?この地方で昔からある「奶」といったら母乳か羊乳(ヤギの乳)だよね?でも羊乳の香りはこれとは系統が違うし。』

お「どっちも違う。」
愛『じゃあ何?』

おとんは、40年ほど前よく売られていた2~3元の缶詰めの保存食品に「奶香」があったといい、錆びて真黒になった缶を出してきた。小麦粉をベースに、油や、粉ミルク(???)などが配合されているという。お湯で溶かしてオートミールのようなイメージで子供や年配の人が食べたそう。

愛子の推理、おとんは若いとき軍隊で服役していたので、軍隊の食事は非常によかったらしく、一般家庭では食べられない上等な脱脂粉乳みたいなものを食べる機会があったと思う、そこで記憶されて、ほかのものに少し配合されれば感じ取れるのではないかと。

では、安渓地方の昔からの「奶香」って何???と愛子は十年来の謎がまだ解けないみたい。確かに、言われると本当に謎。

無人畑

タケノコを取りに桂桜渓の近くへ。

CIMG9286CIMG9301
だれもいない畑で、タケノコの皮が散乱。。。すでに全部取られていた。

だれもいないから、取っていいというのはなんだか、、、イノシシやサルじゃあるまいし。
日本にある野菜の無人販売所を見たらここの人たちは驚くだろうな。

CIMG9304CIMG9315

おとんはそれでもまだ土の上に出ていないタケノコをみつけてくれた。
愛子がタケノコの処理について言おうとしたらおとんは別の場所にタケノコを採りにすばやく移動していた。呼べば呼ぶほど遠くへ。

もうおとんの頭の中にはタケノコしかないんだろうな。
実に常にシングルタスクで瞬間集中型。

晴れた♪

目が覚めた。
野鳥たちが大合唱している!!!
晴れだーーー♪

雨の日も、霧の日も、嵐の日も、この山の家は素敵だけれど、
青い空が広がる晴れの日は、特別に気持ちが好い。
今回晴れるのは、多分、今日と明日だけ。
谷雨(穀雨)の頃の貴重な青空。

 

紅芽たち、艶々だよー!
ピカピカ光っている、美しいーー♪

P4172472P4172474P4172473P4172476

P4172477P4172479P4172480P4172481P4172482P4172483P4172484P4172485

晴れたけれど、今日はまだ各地点には行けない。
山肌が乾いていない、地面が崩れる、滑り落ちて危険。
明日の夜には雨が来て、その後ずっと降るだろう。
今日地面が乾いて。。。、チャンスは明日だけ。

 

18春【老茶樹】、金風山。

P4172486

うーわ。。。すごい強い香り。もー烈☆
んー♪ 香り、味、輝いている!
なんか一煎目から猛烈においしい。

私がお茶を飲む席から見えるすぐ横の池の回りに、
いろんな種類の野鳥たちが集まって、
久しぶりの晴れを謳歌するように、
朝から延々と大合唱している。
私がここにいることに気付いていないみたい。
時々お湯を注ぐために腕を動かすと、サッと飛び立つ。
でもすぐに戻ってきてまた歌い出す。
気持ちよさそうだな~~♪
聞いているだけで気持ちが好い。
毎日こんな風にここでお茶飲めたら幸せだろうな~~。

 

昨夜、小紅が作って届けてくれた包子。
キャベツと人参と椎茸と三枚肉。
上手に出来ている、おいしい♪
P4172488P4172489P4172492

 

おとんが上がってきた。
本日の大工仕事、開始!

P4172493

今日はパソコン部屋。
外側から鍵をかけられるようにしたいの。
木の扉は開閉途中で床と擦れて動かない、
鍵は完全に壊れていて回らないし抜けなくて刺さったまま、
鍵を取り付ける木材は石材のドア枠から外れているし木肌がもろくなっている。
さて、どうやろうか。。。

ひとまず状態を確認して、外せるものは全部外して、
修理してみて、使えるところは使う、と。
わかった!おとん、こうしたらどうだろう!!
え、わからない?鉄線持ってきて、やってみる。

P4172495P4172494P4172497P4172499

 

山の青空ーーー♪
P4172500

爽やかさんへ行く途中、道の横の茶樹たち確認。
あれれ?

紅色が少ない、紅芽がほとんどない?
探すとちょっとうっすら紅色になっているくらい。
P4172505P4172502P4172503P4172504P4172506P4172507P4172508

いやいや、びっくり。
他の家のだったら紅芽じゃないのも分かるけれど、
おとんの原料なのに、本当に茶樹によって紅色の濃さが違うわ。

紅芽は、生長して葉っぱになると緑色に変わってしまうから、
来月の茶摘みの頃にはそれぞれの色の違いは分からなくなる。
けれど、今の状態だと違いがよく分かる。

 

えーーー、ちょっと全部確認して比較してみたい。
だって、紅芽じゃないとおいしくならないよーー。
紅色が濃いほうがおいしい鉄観音にできる!

他のところはどうだろう?

 

あ、ここ(家の前の一部)も少ない、緑の方が目立つ。
P4172509P4172510

 

私たちの樹は?!

蝶龍山、【蝶王】の樹。
うん、紅芽が多い☆
特別多いというわけではないが、さっきのところよりはしっかりと多い。

P4172511P4172512P4172514P4172515P4172516P4172518P4172519P4172520P4172522

 

さて、これは何でしょう♪
P4172523P4172524P4172527

これだけで分かる人いるかな?!
来月、もう少し大きくなっているかな。

ちびちびヘビイチゴ♪
P4172536P4172538

 

【蝶王】の樹の周囲は、うぇいうぇいの樹も紅芽が多い。
でも、この樹は少し生長が早いので、紅色が一番濃い時期は過ぎている。
それでも、さっきのところよりは多い。
P4172529P4172532

 

気になる。。。桂桜渓も見てみよう。

P4172548P4172542

紅い!
というより、紫☆
全部ではないが、紫色(濃い紅色)の芽の樹がたくさんある。
紫は好いね~~、ぞくぞくする。
天然野生に近い色、嬉しいーー♪
P4172543P4172544P4172546P4172547

でも、芽の色は気候によって一日で変わる。
翌日には紅色が無くなってしまうこともある。
明日、同じ日の中で全部の地点を比較してみたい。

 

長芋、頂き物だそうだ。
P4172531P4172530

晴れたので、久しぶりにお外ご飯♪

P4172549P4172550P4172551P4172552P4172553

 

今回初めての月光☆
今夜だけは星星もみられそう!
P4172555P4172558

 

おとんと審評。
18秋【老茶樹】2種、金風山。
いくつかの視点の確認。
P4172561

P4172562P4172563

おもしろい☆
特に乾香と湿香の時点での香気の違いが興味深い。
どっちも好いのに、どっちも違う。
同じ原料で作り方を変えたので、結果を追っている、
先々どうなっていくかも気になる。
おとんは、ひとつは『クリーム♪』ひとつは『龍眼肉!』。
うんうん!最初は「焼き菓子」と『マンゴー』だったのにねー。
現在も好い&未来も楽しみ。。。ほっ♪
茶友のみんなは、それぞれどっちが好みだろう!