これだよー

おいしいお茶を作るためには、いい原料が必要で、いい原料にするためには、よい管理が必要。愛子は長年おとんに茶樹の管理方法を伝えてきたけれど、なかなか、、、。ここのはどうかな?

ふお~、ダイヤモンドが全体に散らばってるって!
きらきら?どれどれ?

だいぶよくできたらしいけれど、まだまだ教育が必要だと。
おとん、がんばれー

両極端?ダイヤモンド?

『あの雨』の春?とは対照的な『この晴』の秋?『両極端』?
『今年は天とスリル満点&超難関な高度の遊びをしているみたい』だって。
どういう意味だろう?いつもの春や秋とどう違うんだろう?


なになに?『ダイヤモンド』発見???

愛子隊長、大興奮の巻。

19秋スタート

また山に来れた。

山への道は前からの工事がほぼ終わり、今は少しスピードを出しても大丈夫そうな道になり、昔に比べればあっという間に製茶所に到着。
前のくねくねした道で、対向車が来たら譲り合うような、少しずつ、地形や標高の変化が感じられる時代の「杭の道」が懐かしいなあ。

さて、まず山の下のうぇいうぇいの製茶所で作業。そしてごはん♪ 大好きな豚足が。
豚コレラの関係で今村全体で豚が2頭しかないそうで、貴重な食材になっている。

そのあとも作業をして、ようやく山の家に来た。ただいま。

小紅も一緒に荷物を持って上がって、明日の打合せをして帰った。
今年はなんとショックなことが、、、。毎回何かしらあるね。
PA200019

体や顔を洗い、星と月を眺める。静かな闇で心が洗われる。
PA210022

さあ、いよいよ19秋、スタート☆

19秋♪炒ってきます

茶友のみなさま&これから茶友のみなさま!
おはようございます、成田です。
19秋のお山へ、出発しますっ!

前半、ふいみん。
後半、花餃子。
一晩だけ3人合流、おおーーー久々、楽しみー♪

 

19春は、ハートの鉄観音♡
この春は「ハートの葉っぱだらけ」だったんだよー!!!
(まだ出してしなくて、ごめんねごめんね。)
今度は一体、なんのメッセージなのだろう。

前にも一度ある、11秋。
あのときは、老茶樹からのメッセージだと思う。

今度はね、ちょっとすごいんだ。
ここも、あそこも、こっちも、あっちも、どっちも!!!
ハート続々ーーー♪

当然、黙っていたよ。
『ハートの聖地』やら『ハートの鉄観音』やら騒がれて、人が押し寄せたらおしまいだから。
みなさんも、ここだけの話にしといてね!(笑笑)

19春も、不思議なことがいっぱいあったんだ。
あれらは一体なんだったのだろう。
まるで天と遊んでいるかのような感覚。
きわどい雨雲が次から次へと押し寄せるのに全て間一髪ですり抜け、雲の間の太陽だけを縫うように走ってた。
スリル満点、ドキドキ、楽しくてたまらなかったな。
仕上がった茶葉たちは、拍子抜けするくらい明るい。
香り高く色彩も豊か。。。あれー、なんでーーー??
もうびっくりだよ。なんでそうなったんだ???
不思議~~~。
もしかして、ハートの味??(笑笑)

 

あのハートの葉っぱたち、この秋どうなっているかな。。。

あの大量のハートの意味、私は解くことができるかな。。。

この秋は、どんな不思議な出会いが待っているかな。。。

 

さあ、冒険が始まるよーーー☆
行きたい人、一緒に飛びましょうーーー!!(笑笑)
それでは、炒ってまいりまーすっ♪

夏の品茶会から

8月お盆過ぎ、魂組の3日間合宿の品茶会をした。
(お茶端会議室新館♪見てみてね!)

こういう品茶会が、ずっとしたかった。

いつか見た夢の世界、ついに実現できている。
それでも、まだ始まったばかり。
もしかしたら、これからも続く、増えていくばかりだ、すごい。
どこまでできるか。
やりたい、やれるところまで。
その先に何が見えるだろう。
誰も知らない世界だ。
想像でわくわくする。

あれから、ずっと考え続けています。

 

 

いつも考えている。
創作に没頭したりその仕上げに集中したりしている時以外、
頭の中はほぼ朝から晩までひとり会議が展開されている。

夏の品茶会からは、更に高速回転になった。
茶友との会話がきっかけで、より深く、より高く、より広く。。。
一か月過ぎた今も、続いている。

多分、仕上げの時=収穫の時が近づいているのを感じているからかな。
夏はいつもドキドキする、秋が近づいてきている。
19秋まで、もう一か月を切っている。

 

 

今回は、あるふたつの「質問◆キーワード」が「大扉」を開けた。

どちらも最終日の片付け中、3日間の合宿が無事に終了し、
いつも手伝ってくださる茶友と3人で、
片付けしながら反省会兼ねた打ち解けた会話。
その中で自然に出た質問。

ひとつは茶友から。
ひとつは私から茶友へ。
話の流れは別。

◆『どうしてこの5季のお茶は「こうなった」のですか!?』by茶友
◆「もしかしてみんなは、私は『お茶を作っている』と思っているのかな?!」by愛子

扉が出現した。
広がっていく、深くなっていく、高くなっていく。
ぐんぐん進む、視界が拓ける、世界が変わる。
次々に扉が現れる。

このふたつのキーワードから始まる思索は、枝葉が各方面に伸びていく。
ものすごい壮大な世界だ。
楽しい、たまらない。
今もまだむくむくと広がり続けている。
終わらない。

 

 

その内容を言葉化しようとしたのだが、、、無理。
何度かトライしてみたが、、、ダメ。
転換させようとするほど、伝えたい世界から離れていってしまう。
形にするほど、どんどん離れる。
言葉にすると、違ってしまう。
自分の能力不足に落ち込みそうになる。

どうやったら「見えるもの」に変えられるのだろう。
が、多分それは不可能なんだ。
仮にほんの一部分を取り出せたとしても、長編小説10冊でも収まらない。
それに、きっと10年先も、この旅は続いている。

 

「見えるもの」には変換できない、けれど、
「感じられるもの」に変換している。

 

そこだ。
やはり、それしかないんだ。
茶葉に現れる世界が、伝えたい世界に一番近い。
どちらも「見えないもの」、だが、
その距離がどんどん近づいてきている。
そう感じるんだ。
茶現、茶葉で表現。
もしかしたら、本当にできるようになってきたのかもしれない。

 

 

小さな疑問から、いつも壮大な旅が始まる。
なぜ?
どうして?
もしかして?
考え、考え、気付き、また考え、気付いて、また考えて、次々に気付いていく。

核心を突いた「キーワード」は、次々に「扉」が出現する。
「気付き」の数だけ、「新しい扉」が現れる。

鍵、鍵、鍵。。。振り返る。
歩いてきた自分の道端に、たくさん咲いている。
どれを選ぶかで、世界が変わる。
どきどきする。
心に合う鍵を手に、飛び込む。

誰もいない世界に立っている。
なんてキラキラだ。
また扉が現れる。
エンドレス。

鉄観音は、ブラックホールだ。。。

 

 

そうそう!
この流れの中でまたすごいことに気が付いちゃった!!!
多分、間違いないと思うんだけどな。。。
実際はどうなんだろう。。。
確かめようもなけれど、間違いなくそうだと思う、
みんなはどう思う?なにが?って。。。
うーん、また別の機会に。。。(笑笑)

 

 

 

特にここ数年の製茶活動とそこでの経験と結果、
その世界に、奇跡感をとても感じています。

そして、それを飲んでくださる茶友がいること、
その輪が現実にこうしてあることが、本当の奇跡だと感じています。

今回の品茶会でも、いろいろご質問をいただき、
考えるきっかけを皆様からいただきました。

茶友の質問が、更なる思索を生み出し、エンドレスで世界が広がっていく。
新たな発見、新たな気付き、そこからまた展開していく。

おかげさまで、また見えてきました、また気づきました、いろんなこと。
それを、この秋に活かします。

茶友と一緒に飲むことで、私の中には次の茶葉が生まれます☆
19秋は、もう始まっています☆