0521編集中

17春天、空の上ーーー♪
CIMG9312
出発数時間前、「あるもの」を見つけて、やったー☆
山の家で使いたいので、徹夜で作業していた、、、眠い。
映画始まっても、気付くと終わっている、、、寝る。

なに作っていたかって?
とても重要なもの。どのくらい有効かは分からないけれど。
おとん達は無駄だと言うけれど、やったことないでしょ?
試してみないと分からない、試しに現場でいろいろやってみる。
そうでないと、危険。
現場が、茶葉が、その日のために準備した全てが、、台無しになる。
年々、そんなことが増えてきているの。
一昨年、昨年はひどかった。
人に邪魔されて現場が台無しになることが、増えてきたのだ。
おいしいお茶作りに集中できる機会が、ますます無くなってきている。
お茶が、作れない。。。できる工夫は、やってみないと。

 

夕方四時過ぎ、山の下の製茶所到着。
CIMG9315
本日の採茶工人達が、戻ってきて道端に集合している。
これから日当を配る、今の時期は地元工人なので基本日雇い。
一番忙しい時期は、住み込みの出稼ぎ工人もいるので、この何倍もの人数。
すごいな、こんな時間まで摘んでいたんだ、晒青ほとんどできないよ。
仕方ないね。こちらでは、昼まででも夕方まででも突然雨が来て1時間で終了しても、同じ日当を払うから。

この時期、産地全体、収穫ほぼ終了。
うぇいうぇいも九割以上終了、あと数日。
今年は例年より遅い。
一週間程遅く(昨年も)、五一節明けに開始。
なので終了時期も遅い、例年だと今頃はすっかり終わっている。

現在の市場の要求は、成熟期を待たない。
なので生産側も繰り上がる、昔に比べて開始も終了も早い。

私たちの茶葉はこれから収穫。
私は完熟しないと摘まないから。

ちょうど今頃、抜群の状態になってくるんだけど。。。ね☆

 

うぇいうぇいがお茶を淹れてくれる。
おとんは?
怪我して入院中??? ぎえええーーーー、なんで?
心配させるから言わなかった??? それはいいけど、何があったの?

17春、、、また山の家でひとり暮らしだ。
おとん、しばらく山に戻ってこられないだろう。
とりあえず小紅が一緒に山の家へ上がって、いろいろ手伝ってくれることに。
じゃあ、彼女の仕事を手伝う。

 

うぇいうぇいの本日の茶葉たち、晒青中♪
小紅が、晒青の指揮。

単叶(一葉)だ!!!
めずらしいね、なんで? お客さんの要求?なるほど。
高級茶用の原料。床巻きだけど、ちゃんと布使っている。
CIMG9316CIMG9318

わあ~♪ 素晴らしい成熟度だねー☆ おいしいそう!
CIMG9320CIMG9322

 

こちらは、一般。直播き。
CIMG9323CIMG9324CIMG9325

 

こちらも(晒青所は3箇所)、直播き。
CIMG9327CIMG9328

CIMG9339CIMG9341

CIMG9343
産地全体で見ると、この晒青はトップレベルで清潔です。

 

揺青所。晒青撤収終了した頃には、揺青も終了していた。はやッッ。
CIMG9345

空調室。寒~~。独特のきれいな香りが溢れている♪
CIMG9348
夕方摘んだ分だけでも、さっきあんなに大量にあったのに、もう全部加工終わっている。
そりゃそうだよね~~~、うぇいうぇいのは商品用だもの、少しでも生産コストダウンして量産しなきゃ。
ご飯たべて。。。
小鳳が、おとんに言われて、野生の紅gu(貴重なきのこなので、滅多に出さない)湯作ってくれていた♪
おとんの香りがするよ。。。
CIMG9349CIMG9352CIMG9351

さあ、山の家に帰るぞっ!

17春鉄☆炒ってまいりまーすっ♪

茶友のみなさま&これから茶友のみなさま!
お久しぶりです、成田です、これから山行ってきまーす。(笑笑)

あーーもぅ、本当にお久しぶりですぅ、、、すみません~~。
新年のご挨拶から。。。またワープしちゃった。

 

少し前に、風が吹いたの。
突然、山に帰りたくなった。

行く予定はなかったの。
今年は、秋に照準を合わせていた。
昨春は行けなくて、本当に辛く、悲しかった。
けれど、
今年も春は難しいな、、、秋まで動けそうにないな、、、と。
悔しいけれど、せめて秋だけでも!、と目標にしていた。

でも、突然風が吹いた。
一ヶ月程前、4月の初め頃。

春の風に乗ってたくさんの香りがやってきたの。
何かが動いた。
大地からのメッセージ。
反応している。
細胞が記憶している。
なんだろう。
変わった。
風が吹いた。
私、なんで行かないの?

香り、なんだ。
わたし、香りで動くんだ。
そう言えば、いつもそうだったかも。
そうね、いつも香りが私の方位磁石だった。

さて。
行きたいからってすぐ行けるわけじゃないから、
どうすれば行けるかそこからずっと調整していました。
茶友には、行けるとはっきりしてから言おう、、、と。

で、成田です。(笑笑)
情熱♪ぶろぐ、再開だあああーーーー♪

 

17春、ひとりです。
最後に街でふいみんと合流します、が、山ではひとり。
秋は一緒に製茶する目標。
春は状況的に作れないかもしれない。
それでも好い。
今は、山に行けるだけで嬉しい。
昨春行けなかったのが、相当こたえていたみたい。

優先は、16秋の続き!
昨秋、製茶後に戻ることができなかったから、作りっぱなし。
山の「秘密の倉庫」で待っている。
連れて来ないと茶友に届けられない。
《心の隊員》募集もまだだ、こんなの初めて。
いつ戻れるかはっきりしなかったので、募集に二の足を踏んでいた。
ぶろぐも進んでいない。
昨秋は3人いて、気候的にも珍しい流れだったし、
おとんインタビューがたくさんで、突然初めての実験が始まったり、
衝撃的な茶葉が出来上がったり☆
それらの映像も写真もお話も、3台のカメラとビデオで盛り盛りだ。
16秋、ぜんぜん終わっていない。

17秋の準備、これも大切。
秋が本番、と考える。

でも、作れたら作る。
作らないわけないじゃん。(笑笑)

あああーーーー、1種でも、少しでも、作れたら好いなあああ~~~!!!

 

よし。時間です、炒ってまいりまーすっ♪

新年好♪

茶友のみなさま&これから茶友のみなさま!
新年明けましておめでとうございます♪

昨年は、年明けから12月まで大変立て込んでしまい、サイト活動はかつてないほど停滞してしまいました。本当に申し訳ございませんでした。
15秋鉄のお届けは大幅に遅れ、16春鉄は行けませんでした・・・、悔しかったなぁ。
しかし、そんな中でなんとか16秋鉄に行けたことと、数種類でもとってもおいしいお茶が作れたこと、その前に15秋を届けることができたことは、本当に大きな達成でした☆

情熱♪ぶろぐは、16秋のまま止まっています。
まだ16秋の《心の隊員》募集記事も出せていない・・・、はは、どうしましょう。
本当にすみません。
長く活動続けていれば、そんな年もあるのかな。。。
でも、これから巻き返して行きますので、待っててくださいねーーっっ♪

こんなペースの私たちに、長年変わらずにずっと一緒に歩んでくださっている茶友のみなさまには、日々心から感謝しています。
お蔭さまで、厳しい状況のときも、いつも勇気と希望をもって前に進めています。
サイト活動も15年を優に超え、茶友とは人生の数分の一を共に歩んでいることになりますね。(笑笑)
みなさまは、私の人生の最も大切な一部です。
どうかみなさまにとって、今年が素晴らしい日々になりますように、心からお祈り致します。

今年も、細々とでも活動を継続することを目標に、がんばりますねっ!
もっともっとおいしいお茶、私は茶友と一緒に飲みたあああーーーいっっ☆
本年もどうぞよろしくお願い申し上げますっ♪

16秋撤収っっ☆

本日花餃子と共に帰国しまーす!

今回は、この2週間で包装袋決めまで済ますため、最後は安渓で2泊。
いつもより駆け足~、ひー。

ぶろぐ途中が吹っ飛んでいます!!!(笑笑)、毎度すみません~。
毎日メモや下書きのままで記事が投稿までに至らず、、、ばったんきゅう~。
でした。

《心の隊員》募集も、もちろん準備中っ☆
記事の文章部分は山で書きましたが、まだ全体が書きかけでして。。。

 

しかし、今回も山はすったもんだのてんやわんやの大騒ぎよ。

最後の最後に、おんっっもしろいお茶作っちゃった!!!
おとんも初めて見たって、大はしゃぎの大喜び、『どうやって作ったの!!!』って。
おとんの話がヒントになって思いついたの☆
「あの日」のお茶のおまけのおまけみたいな感じ。
これは心の隊員と一緒に1000天後飲むんだっっ☆
味見用は持ってきたから、品茶会で飲みましょーねー♪
すげーよ。。。ふっふっふ♪

最後の審査「16秋・15秋・15春」、これがすごかったあああーーー♪
新茶と並べて初めて気がついた、超びっくり!!!だよーーー。
今でこうなんだから。。。将来のこと想像して、おとんとふたりでお祭り騒ぎーーー♪

花餃子と「山羊のおんじ」のところにも行けた♪
残念ながら山羊たちは山に出張中だったけど~。
雷鳥みたいなめっずらしい鳥がいた、あれなんだろう。

今秋は、インタビューや日々の会話のおとんのセリフで、印象に残るもの・初めて知ることもいっぱい。
へえええーー!!!、って感じ。

そうだ、なんと!!!
最後まだすっごい老茶樹があることに気がついたのよーーっっっ☆
少くても数百年ものよ、きゃーーー☆
なんで今まで抜けていたかなあ~~~。
次、絶対つくるっっ!!
ああーーー♪、どんな味するんだろうーーーっ♪

あれもこれも、話したいこといっぱいだあああ~~☆
ぶろぐの続きやる気まんまんよ、帰国したらそれぞれ仕事に戻るけど気長に待っててねっ!

とりあえず無事に山を降りました、安渓でもやることも済みました。
おとんの「あひるの玉子」いっぱい抱えて(笑笑)、空港向かいまーすっ!

あーーー、また送信できない~、だめだこりゃ。。。とりあえず出発ーー、またっ♪

老茶樹がやってきた

昨夜、久々登場の花餃子到着。
今日、ふいみんが帰る。

朝から大問題発生。

昨夜も朝まで製茶していた。
ふいみん帰ってしまうから、今日から私一人になる。
おとんはあてにならない、本人はやる気があるが、突然訪れるお客さん達の対応で結局毎日急に消えることになり、必要なときに現場にいない。
お茶は待ってくれない。
結局ふいみんと私ふたりで製茶。
摘める日が少ないから、一日の量が多い。
すでに体力限界。
今日からはひとりで製茶することになる。
一日休みたい。
けれど、明日以降雨が来る。
今日摘むのがラストチャンス。
でも、ここ数日寝る時間が取れていない、とってもじゃないが作れない。
私は仙女ではない、このまま続けられない。
残念だけど、今秋は老茶樹は諦める。
同日に作る生態茶も諦める。
今日は摘まない。
今秋は終了だ。
ふいみん、私今日作れない、でも炒茶はあるから少し休む、朝になったらおとんに電話して、お願い。

徹夜で帰り支度をしているふいみんが、朝になって、おとんに電話してくれる。
ベッドの中で、その会話を聞く。
ふいみんが大きな声で何度も説得している、『今日愛子は作れないから摘まないで』
何度も大きな声で繰り返している。
その様子から悟る。
おとんが暴走した。

ふいみん部屋に来る。
『愛子、、、ダメだ、、、止められない』
「うん」
『もう摘み始めていて、もうすぐ終わるって、、、』
「え、こんな朝から??なに考えてるんだ?」
最悪だ。
もう眠れない。
もうすぐ茶葉が来る。
この体調で、ひとりで、どうやって好いお茶をつくれるんだ。

ふいみんが出発する前に茶葉が到着。
おとんも到着。
まだ午前中。

おとんが泣きそうな顔で騒いでいる。
どうした?
更に大問題があるのが分かった。
おとん『まだ早かったっっ、未成熟なのに摘んだ、もったいない、なんて馬鹿なんだ、10日早かった、無駄にした、ゴミになる、、』
嘘でしょ・・・。
泣きたいのはこっちだ。
けれど、今はおとんを慰める、おとんショックでパニクっている。
大丈夫、おとん、大丈夫だよ。

疲労ピーク、睡眠不足、ふいみんいない、他に助手役もなし。
どうしよう。
おまけに、朝摘みで、しかも未成熟だと?
私は神ではない、どう処理しろと言うんだ。
この茶樹に、私がどれだけの年月と想いを注いで、ここまできたと思っている。
本当に、どうしよう。
茶葉はもう目の前にある。
私の体(体力)、私の頭(集中力)、お願いもう少し、あと一日だけがんばって。

ふいみんが、不安マックスの様子で山を降りる。
ありがとうふいみん、本当にお疲れ様、大丈夫だよ、まずは気をつけて帰って、今晩連絡取り合おう。

こんな状況からみて、もう次からはふいみんがいないと製茶はできないだろう。
でも、今はひとり。
ラスト一日、乗り切るしか無い。

さーて。
まずは、一番の難問題。
未成熟のこの原料、どう製茶しよう。。。

 

そうだ!!!閃いた☆

おおおーーー、すごいことに気がついた!!!
そうだ、そうだよ!!!
うわーーー、これ絶対茶友たちも興味あるはず♪
そうだ、そうじゃないか、絶好のチャンスだ、やってみようっっっ☆

茶摘み2日目

晴天キターー♪
暑い!!!

製茶始まった!
ブログどころじゃなくなっちゃったよお~~~。

16秋、摘めるのは多くて5日?
がんばる。

明日(15日)、もうひとり来る。
入れ替わりで、翌日ふいみん帰る。
明日がふいみんラストの夜&3人揃う一晩だけのチャンス。
がんばろう。

お月さまきれい、星星会えた。
製茶作業、たった今終了。
眠い、寝る!!!
おやすみなさーい☆

あの場所へ!

春のような雨がようやく収まり、天気予報ではこれから曇り、晴れ間があるということで、あの「魔」が眠る場所へ茶樹たちの状態を確認にGO!

CIMG8159  CIMG8163
んん?ここっていつかの特王の畑では・・・ 山を回って

CIMG8167  CIMG8171
この廃屋、台風でさらにぼろぼろになった

CIMG8175  CIMG8184
てくてく・・・             急斜面を登って

CIMG8207  CIMG8189
到着、やっぱりここは気持ちがいい!    まだ小さい

CIMG8232  CIMG8243
向うから雨が来そうで急いで帰る     途中におかん茶摘み隊発見!
                    (このチームは28人)

おとんが洗い出す

おとんはきれい好きだけれど、茶碗を洗う後片付けが実は苦手。
ここでは基本隊長+副隊長がやっている。

でも、今日はなんとおとんが自分から進んで洗い出した。

CIMG8140

しかも、洗い出すと何かを思い出したかのように、次にこれを洗い出した。

CIMG8153  CIMG8150
昔の鉄製炒茶鍋!           昔はここで炒茶していたそう
しかも、ごはんもこれで作っていたとか・・・
(米を炊く、野菜をゆでる)
おじいの時代にすでにあった鍋だそうで、ある時戦争のために党が全国の鉄製品を集めていたけれど、山奥過ぎて集める人が担いでいけないから残っていたそうだ。
(昔は道路が整備されておらず、交通手段がなく歩いて海沿いのところまで20日間以上かかったという)