カテゴリー別アーカイブ: 鉄観音

晒青+アルファ

晒青は、ただ単に葉を日光に晒すだけじゃない。いろいろやることがある。
特に、茶摘み達人がほとんどいなくなった今。。。

CIMG7414 CIMG7416
梗の長すぎたものや「老葉」などを見つけ出し、切っておくのもこのときにやっておかないとあとではできない。
愛子はおとんを連れ出してさらに説明。
ほぼ毎回この作業が加わる。

CIMG7434 CIMG7422
これが終わると、茶葉を「翻」してまた探す。
本来「翻」は葉っぱを均等に日光浴させるためにやることなんだけどね。
そして説明を聞き終わったおとんは。。。

CIMG7429 CIMG7435
またショウガを掘っていた。。。(お兄ちゃんが干しているのを見て、
もっと持って帰れって)

お~~い、ふとりとも、茶葉はどうしたーー? 

第一揺+炒茶準備

晒青・揺青・炒茶のタイミングが重なるとき・・・(大体近いけど)がいくら分身がいても人手が足りない。

CIMG7438 CIMG7437
揺青準備中。おとんは炒茶準備のために火をおこしに行った。
工人も到着で鍋の周りや製茶室で準備。

CIMG7439 CIMG7442
今日のお茶の第一揺がスタート。  お兄ちゃんも活躍。晒青の場所を掃除。
CIMG7444 CIMG7445
ショウガが気になるのね。。。      進んでるって?

CIMG7454 CIMG7458 CIMG7470 次は炒茶の最終確認でゴーサイン。

分解術

炒茶&晒青/揺青のタイミングが重なることが多いから、分身がいたらなあとよく思う。現実は孫悟空みたいに分身術ができないから分解術でやるしかない(笑)。

CIMG7622 CIMG7628 
鍋から上がった茶葉の香りを確認し、揉青機にかけて、その間に

CIMG7637 CIMG7640
首には揺青のタイマーをかけ、時がきたら揺青機を止め、香りの変化を確認、メモする。

 CIMG7642 CIMG7650
確認が終わったら、掃除もする。  

こうして、作業を小刻みに分解し、合間を縫っていろいろやってるわけなので、
とても大量は作れない。

ひとり山でお茶作る

満天の星星が広がる。
ひとり山の家でお茶作っています。
とても静か。。。

今朝、お兄ちゃんとふいみんは山を下り、日本と香港へそれぞれ直接帰国。
自宅とおとんの山の家、ふたりとも直行直帰。

つい先程、16号ホン干開始。
茶巾を山泉水に浸し、本日の製茶終了。

昨夜は徹夜、朝までふいみんと手揉。
本日は摘んでいない、ここからひとりになるので茶摘みは一日休んだ。
なので明日は、茶摘みと揺青はあるが、炒茶と加工がない。
眠れる。

ここから後半へ突入。

おやすみ☆