カテゴリー別アーカイブ: 18春節

武夷山三日目の三

ひとまず、お家に帰ってお昼ご飯。

今回安渓に来られない花餃子のために、おとんの山からおみやげ第三弾、
小鳳お手製『おとんが予約したあひるの卵とあの豚の足肉煮たの』、
小紅お手製『筍干とあの豚の三枚肉煮たの』。
同席のみなさんもどうぞ♪残りは明日日本にお持ち帰り。
CIMG0419CIMG0422CIMG0423CIMG0427CIMG0426

 

ちょっと休憩して。。。
CIMG0429CIMG0430

 

この家のおかんと一緒に、歩いて近所の親戚の家へ。
CIMG0433

 

先程のは引退
こちらは新しい現役。木造の建物が火事で焼けてしまい、昨年新しくしたとか。
軽く、ロックオン☆
CIMG0434CIMG0435CIMG0437CIMG0440CIMG0442CIMG0443

CIMG0446CIMG0448CIMG0449CIMG0450CIMG0451CIMG0452CIMG0453CIMG0454CIMG0455CIMG0456CIMG0457CIMG0458CIMG046120180219_145918CIMG046220180219_150255CIMG0463CIMG0464CIMG0465CIMG0466CIMG0467CIMG0468CIMG0469CIMG0470CIMG0472CIMG0473CIMG0474CIMG0475

見てわかること、作り手に聞いてわかること、周りに聞いてわかること、今も昔も現役、引退した昔の現役、新しい現役、合わせる。
建物が語る、道具が語る、人より確実、見えてくる、どんどん解けてくる。
なるほどねーーー。楽しい、楽しい♪

武夷山三日目の四

でこぼこ道を2時間ほど上り、更に奥へ行く。
寒い、標高が高い、お世話になっているお家もある程度高いが、その倍以上。
CIMG0476CIMG0481CIMG0487

 

うわ、すごい☆
見渡すかぎり、老茶樹がいっぱい!!!わあああーーーい♪
龍井の老蓬みたい!!!素敵、素敵ーーー♪
DSC_1143DSC_1139DSC_1156DSC_1172DSC_1181DSC_1183DSC_1198DSC_1228DSC_1249DSC_1257DSC_1268DSC_1271DSC_1272DSC_1274

地面がふかふかしている。。。なんだ?
そうか、きっと霜柱。
葉も、縁凍死。
高湿度、寒冷。
老蓬、静か、水、気温差。
この逞しい原料、この自然環境。。。おいしいお茶が作れる☆
あとは、技術。

CIMG0491CIMG0496CIMG0497CIMG050020180219_16170820180219_16173120180219_16174520180219_16193820180219_16195120180219_16202620180219_16222420180219_16241120180219_16245920180219_162507_00120180219_163136

 

『パワーストーン発見! 私にパワーを~~~☆』by花
20180219_163422_00120180219_163438
パワー全開~♪
CIMG0507CIMG0515CIMG0517CIMG0511

 

近づくと必死で鳴き続けるガチョウ、ほぼ悲鳴、、、何もそこまで!!!
申し訳ないのだが大爆笑止まらず。。。人に慣れていない、ごめんねごめんね。
CIMG0519

 

200年の老茶樹。
半分、無い、削れている・・・。
車にひかれたそうで・・・、その後、囲いを作ったとか。
CIMG0521CIMG0520

20180219_165427DSC_1285DSC_128620180219_165155CIMG0527CIMG0528
中の枝、素晴らしい、見事、貫禄☆
歳月と自然がもたらす風格、素敵、尊敬。

 

犬を見れば、人がわかる。
人と同様、このあたりの土地の犬、ちょっと違う。
20180219_17124220180219_17131020180219_17131920180219_171845

初日から感じていることがある。

お世話になっている家の人たち、他の農村部の人と、雰囲気がまるで違う。
表情、話し方、人との接し方、所作、空気感。。。
その家や親戚だけではなく、ご近所も。
こういう農村部は、初めて。

着いてすぐ、鳥叔に、「ここの人たち、なにか違う、なんでだろう?」と聞いたが、
彼は全く感じたことがなかったそうで、逆に『どこが?』と聞かれた。
国内の観光地ではない本場の農村で生活したことがなければ、気が付かない???

ここの村の犬も人も、お世話になっている家と、似た空気感。
この雰囲気、どこまでの範囲なのだろう。
本当に違う、他の土地にはない、独特。
環境や民族や物質や、そういう単純なものの影響ではない、なにかこう、もっと、見えない、心的な、精神的な、もの。
何が違うんだろう。。。
何が原因なんだろう。。。

 

柴鍋用の竹。水が豊富。
CIMG0530CIMG0529

 

かなり上流、水、きれい、冷たい。
山の様子が、お世話になっているお家の周辺とは違う。
どちらかというと、おとんの山の家の雰囲気と似ている、森林限界。
水の様子は違う。

CIMG0531CIMG0532

 

何軒目?お邪魔しまーす。
こちらは現役。
CIMG0535CIMG0539CIMG0540CIMG0542CIMG0543

 

こちらは引退。
CIMG0544CIMG0545CIMG0546CIMG0547CIMG0548CIMG0550CIMG0551

 

CIMG0555
ここから車が入れない山道を更に歩いて、2時間ほどのところに、見たい場所ができたが、また次回。

 

帰り道、車を停めて。
鳥叔たち、バードウォッチング中。
花餃子と私、竹林浴中。
CIMG0556CIMG0558

武夷山三日目の五:花餃子最後の夜

夕食後、今夜もお外でティータイム☆

おかんと花餃子と3人で、こっそり静か~に。。。スタート。
CIMG0560CIMG0561CIMG0563

 

おかんお手製のお菓子たちが出てきた頃。。。
CIMG0565CIMG0566CIMG0568
ばれたー、人が集まって来たー。(笑笑)

 

明日帰国しないといけない、、、花餃子初武夷山最後の夜。
CIMG0569

 

特別な夜には、特別なお茶を☆
飲みたいお茶、物色中。。。
CIMG0571CIMG0574CIMG0573CIMG0572
これだ!

 

すっかりばれて、みんな集まっている。。。、深夜までわいわいティータイム♪
忘れたくない、この夜、この空気、この香り、この笑顔たち。。。最高、乾杯☆
CIMG0575CIMG0576CIMG0581

武夷山四日目の一:花餃子帰国&遇林亭窯址

夜が明けた。
CIMG0584CIMG0588CIMG0590
帰りたくないよ~~~。
朝のお散歩したいよ~~~。
沢歩きしたいよ~~~。
滝見に行きたいよ~~~。

 

朝ごはん、花餃子の好物がいっぱい♪
肉まん、草餅、ここのおかんの手作り。
もう時間ない、あまり食べられない。
泣くな、包むから大丈夫!
厦門空港で待ち時間に食べてね、みんなとおそろいよ。
CIMG0591CIMG0592CIMG0593CIMG0594CIMG0595CIMG0596CIMG0597

 

いざ出発、荷物も人も乗り込んだ。
『おかん、ありがとうまたねー♪』by花
『あれ?空気ないよ』byおかん
・・・・・・。
ぎゃー、車がパンク、昨日の山道だ。
ここ山奥、タクシー無い、直す時間ない、飛行機間に合わない、帰国できない。

茶友の車だ!!!乗り換えろ、急げ。
ここ数日、私の行動に着いて回っている茶友が、今朝も振り向けばそこいた。
こんな早朝からどこ行くのかと思っていたが、今日も一緒に?、、、初耳だ。
が、グッジョブ☆彼のおかげで無事出発。。。助かった~~~。

 
空港近づいたところで、彼の提案。
まだ時間ある、30分余裕、近くに窯址がある、花餃子が何も観光していない、見に行こう。
よし、行こう!

 

遇林亭窯址。
1959年に発見、中国最大規模の宋代古窯跡、天目茶碗の窯。
CIMG0598CIMG0602CIMG0599CIMG0600CIMG0601CIMG0603CIMG0605
山の斜面に二箇所、100メートル位の長い龍窯、一度に数万個作れたそうだ。

CIMG0607CIMG0608CIMG0610CIMG0611CIMG0612

観光終了!ダッシュで空港!!間に合ったーーー♪

武夷山四日目の二:岩茶の弟と

花餃子を見送った足で、岩茶の弟の工場へ。
春節にこちらに帰省して、街(店)に戻る予定を延期し、私が来るのを待っていてくれた。

彼の茶山は正岩のみ。
市場用の商品茶いろいろ、品茶しながらおしゃべり。
CIMG0613CIMG0614CIMG0615

CIMG0616CIMG0617CIMG0618

CIMG0620CIMG0621

 
私は、再加工(焙煎、火入れ)していない状態、が飲みたい。
そうでなければ、品種特徴、正岩の土地特徴、製茶の加工技術、等々分からない。
しかし、そういう状態(岩茶産地では毛茶と呼ばれる)はない、全部再加工済み。

『製茶時に来ればなんでもある、愛子なら自分で選んでどれでも好きに飲んだら好い!』
そりゃそうだけど、、、時期重なる。

何かに気付いて、持ってきてくれた!

冷凍茶。
乾燥前の水仙。
私の言うところの「くるくる品(の最初の方)」、を冷凍した状態。
この状態を好きなお客さんがいて、リクエストで取っておいたそう。
CIMG0622CIMG0623

 

 

CIMG0624CIMG0625CIMG0626CIMG0627CIMG0629CIMG0630CIMG0631

 

CIMG0633CIMG0635CIMG0632

 

 

お昼。
簡単にして、って言ったのに、数年ぶりなのにそれじゃダメだ、と。
閑静な水辺の高級別荘地みたいなエリア内のレストランへ移動。
ちょっと西洋っぽい立派なお屋敷が並ぶ、建売?
住んでいる人はほとんどいない。
CIMG0637CIMG0639CIMG0640CIMG0648CIMG0649

CIMG0641CIMG0643CIMG0642CIMG0644CIMG0646CIMG0647

ここでしか食べられないもの、珍しいもの、私が食べたことのないもの、弟が次々とオーダー、、、多すぎだって。
武夷山名物のおいしいお料理、続々。
『わー、花餃子もいたら好かった、残念、きっと食べたかったはず!』by車出してくれた茶友
一同大きくうなずく。
CIMG0650CIMG0651CIMG0652CIMG0653CIMG0654CIMG0656CIMG0657CIMG0658

 

再び工場に戻って、お茶。

茶庫物色中。
冬茶、作ってまだ数ヶ月、時期的に火入れしていない状態。
おお、これ飲んでみよう。
CIMG0659CIMG0660CIMG0682CIMG0670

 

岩茶も、あちらこちらで民間の茶王賽が開催される。
受賞歴いっぱい。がんばっているね☆
CIMG0661

 

プレゼント?ありがとう♪
肉桂。非売品?数万元?ありがとう。
こっちは茶王、十数万元?。。。わーお、みんなで飲むか。
CIMG0663CIMG0664CIMG0665

1箱に2袋、タバコみたいなパッケージ。
実際にタバコ(金箱)と並べてみる、このタバコも非売品。
(ついでに、私たちの鉄観音も非売品。。。笑笑)
お茶とタバコとお酒、この3つはセット。
どれも本物の好いものは非常に希少、価値が高い、一般には手に入らない。
今も昔も中国で欠かせない、国家トップ級の高級贈答品。

CIMG0667CIMG0668CIMG0669

 

最後は、岩茶の薬用茶。
その年の売れ残りをミックスして、チョコレートみたいな形の餅茶にし、数年寝かし、少しずつ割って、煮出す。
老茶、10年以上、すでに転化している、個人的には前半に飲んだのより飲みやすい。
研究用にいただいた、今度日本の品茶会で飲んでみようか。
CIMG0680

再加工はしてあるが、岩茶も、老茶は薬用。
正山小種も、老茶は薬用。
鉄観音も、老茶は薬用。
そこは共通。

 

夕方。帰り道、延々と続く、岩茶の苗床。
CIMG0686CIMG0688CIMG0689

 

だいぶ山奥に入ってきた、同じ武夷山でもさっきの場所とは雰囲気がぜんぜん違う。
霧が出ている、ここまで来ればもうすぐお家。
間もなく日が暮れる。
CIMG0690CIMG0691

早朝から、謝々大家。
今晩は寝たい、寝不足限界、一度しっかり寝て、明日品茶会しましょう。
花餃子、今ごろ空の上で爆睡中かな☆

18春節☆撤収!

帰国しまーす!

おとん一家とのお山の春節も、
武夷山の休日も、
終わっちゃったーーー。

武夷山は、予定が変わって変わって結局9日間!
ぎりぎりまで武夷山にいて、昨夜安渓に戻りました。

17日朝に山を出発してから、つい先程飛行場に到着するまで、
常に周りに人がいたので、パソコンに向かう時間がなかった~。
でも、携帯利用して「お茶端会議室♪新館」に、テスト兼ねて日記アップ、成功ー☆
画像が少し出ています、お茶端会議室利用している茶友は、ぜひ見てね!

 

あーーー、楽しかったあああーーー♪
楽しくて楽しくて、たまらなかった~~~♪
18年に渡る活動のご褒美もらったみたい~~~!!!(笑笑)

武夷山に着いたら、ちょーーーびっくりよ☆
ええええ???なんで私ここにいるの!って、呆けちゃった。

今回、事前に知っていたのは、「武夷山」「民泊」「観光地でない、静かな場所」。
それで十分だった。
私からのリクエストはなく、武夷山の下調べもしていなかった。
鳥さんが迎えに来てくれて、鳥さんたちが待っててくれて、鳥さんがまた送り届けてくれた。
風まかせ~、というか、鳥まかせ♪

鳥たちに招かれて、その翼に乗ってたどり着いたら、
昔夢にみていた場所だった。
そんな感じ!

イメージはね。。。
黒い鳥に乗った紅い葉っぱ、でもそれは仮の姿、
実は、見える人にだけ見える、白い鳥に乗った黄金の茶っぱなの☆(笑笑)

 

今回、18年前、おいしいお茶を探して歩き始めた頃を思い出しました。
今の中国の茶友達が、そういう時に来ているのかもしれない。
彼らと一緒に歩き、一緒にお茶を飲み、語り合い、
いろんなことを感じ、思い出し、また気づきました。
一番感じたのは、「自分の変化」かもしれない☆
それと同時に、「変わらない自分」にも♪

そして、最大に感じ入ったこと。
今自分が飲んでいる鉄観音が、どれだけ素晴らしく、どれほど奇跡的なものなのか、
ということ。。。

おとんの鉄観音は、本当に美しい。

 

ありがとう、ありがとう、ありがとう、
これまで一緒に飲んでくれた茶友たち、ありがとう!!!
一緒に挑戦しながら歩き続けてくれている茶友たち、本当にどうもありがとう!!!
いつか、日本と中国の茶友一緒に品茶会、実現したい。
私はこれからも、おいしいお茶、わくわくするお茶、素敵なお茶が、飲みたいっ☆
ぜひ一緒に、飲みましょうーーー♪

時間です、18春節、撤収ーーー。