『香りが生きている』『再現不可能なものは魅力的』

第1揺青が終了し、隊長は茶葉の状態を確認しながら詳細を記録している。

隊長が時々言う『香りが生きている』。
他では聞いたことがない、そういう表現は愛子から初めて聞いた。
愛子にはどういう風に感じているのだろう?

『再現性のないもの・再現不可能なものは魅力的』、これも時々言っている。
だからずっと茶葉の側にいるのかな?
確かに香りは嗅ぐたびに変わっている。

こんな素敵な香りに包まれながら寝たいな~
いつまでもこの香りの中にいたいな~
でも今だけだからいっぱい嗅いでおこ~
はあ~、いい香り、うっとりしちゃう♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です