美しい時間

ああ、この香り。

またこの香りの中に私はいる。
時空全てがこの香り。
一度この香りに吸われてしまったら、
もう二度と戻ることはできないのかも。

ああ、好きだ。
本当に好きだ。
吸い込まれていく。
このまま香りになって消えていきそう。

表現できない。
他に同じ香りがない。
発酵中の鉄観音の香り。
鉄観音がお茶に変身している夜の香り。

 

 

夕方から霧が流れてきて雨と共に急に冷え込み、
深夜までかかった揺青が少し前に終了。

夜明けに茶樹の上で堅くなっていた香りは、
昼にやわらかく膨らんでおかんたちの手で摘まれ、
そこから半日以上私に動かされて、
たくさんの新しい香りを生みだし、
ずっと一緒に過ごしてきて、
深夜になってやっと解放され、
山山が深く眠るこの時間に、
ひとりそっと、
大きく大きくお茶に変身しつつある。

 

 

 

ああ、素敵。

静寂の山の夜、
ひんやりと清潔な大気、
この夜を支配している香りの中にいる。

花のようで花でなく、
水果のようで水果でなく、
おいしそうなのに食べられない、
食べたことないのにとてもおいしいと分かる。

香りが動いている、
次々と移っていく。

香りが生きている、
溢れるように咲いていく。

 

ああ、なんて美しい時間なんだろう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です