夜人知れず

隊長は茶葉の声に耳を傾け、終了タイミングを読む。

P5213832 P5213836 P5213837 P5213838 P5213843 P5213846 P5213847 P5213848
一通り棚に茶葉を並べて掃除をし、この日の作業が終わり、小紅は下の製茶所へ帰った。大門を締めるのを確かめ、
P5213854
隊長はまた茶葉のそばに戻った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です