19春天☆炒ってきます!

茶友のみなさま&これから茶友のみなさま!
おはようございます、成田です、毎度~~。(笑笑)

先月のブログ(19谷雨)が途中で止まっていますが、
帰国して10日間のゴールデンウィーク挟んで、
あっという間に春の収穫期が来てしまいました。

19春、とっても好いイメージがあります☆
そこに向かって進みます!

 

さてさて。
私たちのあの「紅い子」たち、どうなっているかな~♪
もう「緑の葉っぱ」になっているのでどれも同じにみえるでしょうね。
でも4月は芽の状態だったので、一目瞭然でびっくりしましたね!

 

私が選んでいる茶樹、本当に目立っていたよ。
あそこまで違うとは、知らなかったなーー♪

あの辺りは、見渡す限りの山山山どこまで歩いても
どこもかしこも全部鉄観音の茶樹だらけなのに、
その芽の海の中で私が作っている茶樹たちは、
他と違ってとっても目立っていた。

 

どれだけ「違う」と言っても、
『同じ』『変わらない』と言われてきた。

茶樹の段階で香りが他とはぜんぜん「違う」のに、
香りは目に見えないからかな、
ほとんどの場合『変わらない』と言われる。
気付かない人にはきっと『同じ』なのだろう。

でも気付いてくれる茶友が少なからずいる、
それがすごいと思う。
本当に嬉しい。
だから自分を信じて前に進める。

 

ところが。
見えない違いが、あそこまで視覚的に確認できるとは!!!
いやー、びっくりびっくり。
なんか証明(?)されたみたいで嬉しいねー☆(笑笑)

 

よし。
その「紅い子」たち、炒ってきまーす♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です