月別アーカイブ: 2019年2月

初四の夜

もうすぐ日付が変わる。
ひとり静かな山の家。
近隣の村ではまだ花火音。
本日の審評結果についてふいみんとネット電話中。
暴漢たちが襲ってきた。

 

 

この家が私を守ってくれた。
私を守るためにたくさん傷ついた。
7つの盾で時間を稼いでくれた。
4つの扉が痛めつけられ、
2つの扉と1つの窓が破壊された。
すんでのところで駆けつけた弟たちが到着。
あと10秒はもたなかった。
程なく彼らは御用になった。
私には傷ひとつない。
おとんが作ったこの家が私を守ってくれた。

 

 

離れなかった。
心が拒絶した。
離れてはいけないと思った。
夜が丸見えになった部屋でいつものように寝た。

 

 

治してあげたい。
家が叫んでいる。
剥き出しの傷口が泣いている。
老いた体で一生懸命守ってくれた。
限界だったのだろう。
今度は私が守ってあげたい。

 

 

この家は私の財産だ。
この家で過ごす時間は私の人生の財産だ。
おとんの大切な家。
おとんが作った製茶人の家。
孤高の魂を感じる。
いつからだろう。
この家でないと「私」は生まれない。
ここでないと私の作りたいものは作れない。
絶対に欠かせない相棒。

 

 

瓦が劣化し製茶室も雨漏りする。
天井がゆがみ所々落ちかけている。
壁の漆喰が剥がれ中身が見えている。
金具が錆び付きもろく壊れかけている。
柱や扉は雨風にさらされ腐食してきている。
過酷な自然環境下、おとんと共に約40年歩いてきた。
今おとんひとりで手入れするのは難しい。

 

 

今回、到着した日に気付いた。
そうか、この家は私の「アトリエ」なんだ!
この周りの自然環境含めて「私」を作るアトリエなんだ!
いつからかは分からない。
大門を一歩入ると異次元空間に移動する。
全てのパーツが合体した感じがする。
ここでないと生まれない。
この家でないと作れない。
茶葉は私の作品、私自身なんだ。

 

 

おとん家族は何年も前から誰も寝泊まりしていない。
もう私しか住んでいない。
時折来る私と仲間だけ。
おとんの子供たちは手入れする気が無い。
今必要としていない。
それぞれ事情がある。

 

 

このままでは朽ちてしまう。
今一番住んでいるのは私だ。
今一番必要としているのは私だ。
これは私の役目だ。
おとんと私、ふたりでやろう。

 

 

人生でこんな素晴らしい出会いがあるだろうか。
こんなに不思議で、こんなに幸運な縁があるだろうか。
今お茶から繋がる私の幸せは全てこの家からスタートしている。
ここで生まれる感覚・時空・気づき・喜び・お茶たち。
そこから繋がるご縁、真剣に語り笑い合える仲間たち。
みんなみんな私の幸福な財産だ。

 

 

がんばらないと。
がんばって真剣に審査して、
がんばって必死に考えて、
このどこにもない、誰にも作れないこの茶葉たちを、
必要としてくれる人を探し出さないと。
おとんと私が感じている本当の価値を、
もしもきちんと伝えることができたなら、
きっとその先に、
必ず出会いはある。

 

 

そうしたら治してあげられる。
待っててよ。
あともう少し、がんばって。

 

 

さあ、おとんが来た。
老鉄の審評、今日も始めよう!
10年前の仮説たち、果たしてどうなった。
誰も知らなかったこと、知ることができる。
今が「その時」。
集中☆

春節快楽

茶友のみなさま&これから茶友のみなさま!
新春快楽!身体健康!全家幸福!心想事成!

喜事成双♪♪
P2051418P2081541

今年はどういうことか、初一(正月の日)から双子ちゃんとの遭遇が続く!!

初一最初に口にしたもの、あひるの卵、双子ちゃん☆
初一最初に挨拶に行った茶樹、老茶樹、双子の葉っぱ☆
『これは珍しい!』『初めて見た!』『きれい!』『ちょうだい!』見た人みんなが笑顔に♪

おとんが言う。(ふたりで山歩きしている時)
『そうだ!まだあった!初一の日に自分と愛子もこうして「双」だー♪』
(ん?なんかちょっと違うような??。。。まいっかー!)
あははははははーーー♪♪老茶樹の中でふたりで大笑い。

きっと19年は、ここに集まってくれる仲間はみんなみんな『喜事成双』よ!!(笑笑)

19春節☆行ってきます!

茶友のみなさま&これから茶友のみなさま!
おはようございます、成田です、雪の空港よ。
もうすぐ春節でーす☆

昨年に続き、山でおとん家族と旧正月を過ごしてきます。今年は昨年のように武夷山への旅行等は行かず、ずっと山にいます。

今ちょっと余裕なし、遊んでいる場合じゃない。
旅行も行きたいけど。。。さ。
いや、それよりもしたいことがあるのです、そっちが優先。
山に籠もって「仕事」します。

12月の「杭州黄山プレゼンの旅」で、思った。
すぐにしなければ、と。

全ての老茶の審評!!!

これ、かなりの「大仕事」です。
一回じゃ無理だろうな。。。さて、どうやる。。。

 

わわわ、時間になっちゃった、とりあえず行ってきます!
また山の家からー♪