逆算して製茶する

1000日後、2000日後、3000日後、の茶葉のイメージに向けて茶摘みから加工する。
そのためにやっていることのひとつが、いろいろな段階(釜ほこ品、くるくる品、ホン干前品)で品茶して確認するそう。
CIMG6505 CIMG6506 CIMG6520 CIMG6521
先日出来たものも品茶して各方面を確認しながら、本日の茶葉を進行する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です