17春☆撤収っ!

毎日「編集中」の画像ばっかりで文章が追いつかなかったけれど、
とりあえず画像&簡単な文章ひとつだけでも、現場から発信できたー!
これも、小紅と脱水機(そのうち出てくる!笑笑)のお蔭。
いつものようにひとりだったら、製茶中にパソコンの前に座る時間はない。

でも、最初の方は、文章入っているのよー☆
気付いた?気付いた?
カテゴリー「17春天♪鉄観音」で開くと、最初から流れで見られますっ!
他の日も、これから文章入れる&記事分割する予定。
なので、ぜひ時々「17春♪鉄観音」で開いて前の方も見てみてねーー♪

 

昨日審評しているところに、小紅が山から下りて到着して、
一緒に飲んでもらえた&秋の打ち合わせができた。
私にとっては、これが非常に好かった、理想。
こういうのが大切、そうじゃないと進歩しない。
振り返らないのはダメ、やりっぱなしはダメ。
自分がやったことの顛末をしっかり振り返ることで、
更なるステージが見える、もっとおいしいお茶に近づける。

私のやり方を、小紅には理解してほしいから、
審評を見てほしかった、分からなくても結果をぜひ感じてほしかった。
私は彼女の反応を見たかった。
彼女がどのくらい分かるかも知りたかった。
自分たちがやった結果がどうなったか、振り返って考えて、
全てのつながりを意識して欲しかった。
そしてまた、考えて欲しい。
次はもっと好いものを一緒に作りたい。

 

振り返るためにもきちんと経過を記録することが重要。
人間の記憶は曖昧で、都合の好いことを都合の好いように記憶する、
時に作られてしまう、塗り替えられてしまう。
どんなに記憶力の良い人が、どんなに記憶しようと意識しても、
視覚、臭覚、聴覚、触覚、味覚、五感全ての感覚やひらめきや思考等々、
その瞬間を完全に覚えていることはできない。
印象、イメージが残るだけ。
それではダメだ。
成功も失敗も、正しい原因が分からない。
不揃いのデータでは、見たい結果は得られない。

製茶現場でひとりだと、加工作業も並行するので理想通りに記録ができず、
欠けてしまうことが多い。
感覚は瞬間でどんどん変わっていき、後では思い出せない。
加工作業しているうちに、記録したい感覚記憶が消えていく。
ひとりだと、記録しているうちに茶葉が変化してしまうから
目の前の加工を優先しなければならないことが多く、
記録したい感覚が残せないときがある。
仕方ないが、悔しい。
目の前に現れしっかり手の中につかんだのに、指の間からこぼれ落ちていく。
虫食いの記録では、知りたいことは分からない。

途中で人に勝手に動かされたりすると、全てが台無し、
数日かけた実験結果は永久に出ない。
探っていたポイントが近くまで来ていたのに、遠く離れていく。
調べたかったことは、また一からやり直し。

不揃いのデータ、虫食いの記録、やり直しの連続・・・。
それが、いつもストレスだった。

 

ところが、今春は違った。

小紅のお蔭で、記録に集中することができる。
そのことに気がついた。
私が記録しているうちに、作業が同時進行するのだ。
小紅が、伝えればすぐ、私の手足のように動いている!!
いや、動きのレベルは私より遥かに高い。
だから私は、忘れたくない感覚を脳内で転換や検索して書き留めることに集中できる!!
す・素晴らしいーーー☆
私が書いているうちに、作業も進行するなんて、まるで魔法だ。

小紅とふたりだと、回転が早い。
一度教えれば記憶に留まり、翌日以降も継続する。
説明すれば理解しようと努力し、自覚し、一緒に考えてくれる。
若い、体力がある、真面目、働き者、きれい好き、うるさくない、客がいない。
現場が日々バージョンアップしていく。
やりたいことがやりたいように進んでいく。

泣きそうだった。

 

行かない予定が、ある日風が吹き、その香りに持ち上げられるように、
急に山へ行こうと、ふわりと思った。
作れなくても好いと行ってみたら、
いくつもの「追い風(※追い追い書いていきます!)」が待っていた。

もしかしたら、やっと、やりたいことがスタートするのかもしれない。
もしかしたら、やっと、その位置に来られたのかもしれない。
これからだ、これからやっと、できるのかもしれないっ☆
17春、そう感じた。

 

謝々、17春♪
特別感謝、小紅♪
おとん、秋までにしっかり治してねー♪
見ていてくれた茶友のみんな、本当にありがとうねー♪
17春、撤収っ!

17春☆撤収っ!」への2件のフィードバック

  1. 本当に 本当に ご苦労様です。
    風 香りに誘われての出発でしたが、
    今回も大いなる第一歩が確実に歩めたようですね。

    それに 小紅さんに 感謝ですね。
    それに それに おとんの怪我も早く治ってください・・・・

    早く 飲みたいな 土産話を聞きながら

  2. 紅三五郎さーん!
    今回もずっと見てくださっていて、応援してくださっていて、
    本当におかげさまです、ありがとうございましたー♪

    本当に本当に、有難いことばかりです。
    今回は、またなにか、違う感触があります。
    次を考えると、今まで以上に、非常にワクワクするのですっ☆

    夏に品茶会で、飲んで語り合いたいですね~~!!
    今回は、それ用のサンプル、ちゃんと連れて帰ってきましたよー。(笑笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です