安渓でおとんと再会

最後の茶葉を収茶して、
ひとり審評して、
おかんが絞めてくれたあひる食べて、
小紅とふたりで山仕舞いして、
全ての茶葉を小紅に預けて&挑梗を頼んで、
おかんと小紅が朝から作ってくれた山盛りのちまきを持って、
山を下りました。

安渓でおとんに会えました、元気そう!
とりあえず、よかったよかった♪
さっそくお茶。
だまって取り出したのは、「初めましてのあの老茶樹」。
どんな反応か見てみたかったー。

『!!!』
『独特☆』
『初めて飲む味だ!これは一度も飲んだことない!!』
「好き?」
『当然だよーーーー』
『ほら見てごらん、何煎淹れてもずっと変わらない!甜い!』
『これどこの?』
「(家の上の)大松杉の下の老茶樹」
『やっぱり!!!飲んだことないはずだ、あそこは一度も単独で作ったことがない』
「これ、好い?」
『当たり前だよーー、こんなのどこにもない!』
「どこにもないから好い、ってことでもないじゃん」
『これは違う。秋も作ろう、秋茶はもっとおいしいぞ、わーいわーい♪(想像中)』
「わーいわーい♪(想像中)、一緒に作ろうねっ!」

ふたりでお茶飲みながら、
パソコンで製茶の画像を最初から追いかけながら、
『わーきれい♪ みんな完熟だ!そうだよ!こうでなくちゃ!
自分もそうだった、父親(おじい)もこうだった。
今のはみーんな未熟なうちに摘んでさっさと終わってしまう、
ぜーーーんぜん違う。』

成熟度、季節、加工、どんどん変わってきてしまっている、等々。
ああだの、こうだの、どうだの、お茶談義。
いつまでも終わらない。
おとん、そろそろ寝なくちゃ、また明日。

明日はふいみんが来る、3人で一緒にお茶飲めるっ♪

安渓でおとんと再会」への2件のフィードバック

  1. おとんが元気そうでよかった♪
    愛子さんが作った今年の春のお茶、おとんも大好きでよかった♪
    きっとふいみんも喜ぶね^^
    わたしも早く飲みたいなぁ。

  2. smashさん!
    ありがとうございます、おとんに伝えておきますねー♪

    あのお茶、(困って)黙り込んじゃったら、どうしようかと思った。(笑笑)
    香りを「聞」した瞬間、ぱあー♪って笑顔になりました!

    透き通った青空のように、春の日差しのように、美しい水。
    smashさんもこれきっとお好きだと思いますよ~☆

    一緒に飲みたいですねーーー!!!
    8月に品茶会会場取れていますので、
    帰国したらお茶端会議室に書きますね。
    もしもタイミングが合いましたら、ぜひ。。。ちまきもきっとある。(笑笑)

    ふいみん、ただいま空の上です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です